カテゴリー:涼木もも香
ホームPage 1 / 11

高学歴女優の涼木もも香
現役慶応大学生ということで当時は話題だった涼木もも香。別に高学歴女子じゃなくとも彼女のルックスがあれば普通に人気者だったことは確実だろう。

シーン1、最初はバブバブ赤ちゃんのお世話のプレイシーンから

しかし甘えるだけの赤ちゃんではない、やることはしっかりヤル!


シーン2、謎のマスクマンからプロレス指導を受ける。やる気十分の涼木もも香。

ハイキックを放つ練習。思ったよりも上手で驚いた(汗


そして寝技の練習に取り組む=エッチの流れ。


シーン3、男優2人相手のカラミ。



全然ダメな撮影でもこの笑顔を見せられたら全てがうまくまとまってしまう。

シーン4、男といちゃついて通常にベッドでのカラミ。

個人的には彼女の大きすぎる喘ぎ声が難点、結構うるさいです。

 


誘惑のラビリンス 涼木もも香

(DMM動画配信)

●女優名:涼木もも香
●身長:166cm B86 W58 H88
●出身地:兵庫県

評価・レビュー

 
AV女優の涼木もも香は、デビュー当時は現役の慶応女子大生として話題を集めたものだった。今でこそ東大卒などの高学歴の女優も多いが、彼女はその先駆け的な存在だったと思う。しかもこの娘のルックスはアイドル並みに可愛い。普通に街中や学園内で見かけても男たちの熱い視線を集めだろうし、大学のミスキャンパスに選ばれても不思議じゃないレベルの美貌の持ち主である。高学歴女子という看板を抜きにしても、おそらくトップクラスの人気女優として活躍しただろうと推測できる。

自分も当時はレンタルビデオ屋でよく借りたものだった。彼女の天使すぎる容姿には惹かれるが、この娘の喘ぎ声は大きすぎて落ち着かない(汗

今改めて見直してみると妙に感慨深い。しかし何度見ても作品はダメだ。撮影がダメすぎる。当時のAV撮影技術とはこの程度だったのだ。今現在とは雲泥の差があり過ぎる。あの頃は、ただ美人な女性が脱げばそれだけで良かった。美人が「脱いだ」という事実だけが重要であって内容などはあまり問われない。本作もそうだ。ただ涼木もも香のカメラ目線でニッコリ笑顔があれば、すべてが許されてしまう。

作品を否定しても彼女は否定できないのだ。激カワな美少女・涼木もも香の存在は今なお語り継がれて伝説となっている。しかし彼女の作品で見るなら「スーパー制服アイドル もも香 」がいちばん可愛らしく撮れていると思うし映像も良い。というかAVハメどりしなくても彼女の美貌があればグラビア・パンチラ作品でも作った方がもっとソソると思う。

 

 

カテゴリー
タグ

慶応大学出身の涼木もも香
1コス目、当時の名称で言えばスチュワーデス。いまではキャビンアテンダントというらしい。空港担当の飛行機に乗らない女性はグランドホステスさんだったかな。撮影場所の背景からすると、ここは普通の電車の駅ではないだろうか?

ハメどりまでの流れ、なかなか可愛らしいが、ここはスルーまだ抜くには早すぎる。


2コス目はセーラー服の女子校生でフェラ抜き。最後は着衣の胸元にぶっかけ。


3コス目は大人の援助を得てお付き合いする可愛らしい女子校生。

当時の涼木もも香は現役の大学生、制服姿の何の違和感もない。ものすごく可愛い。もっと女子校生ファッションの作品を残してほしかったと思う。

無意味に目隠しと手を縛ってのハメ撮りシーン。しかも無意味な望遠レンズ。楽しみな制服でのエッチ行為だったのに、撮影のアングルが悪すぎる。


4コス目はバニーガールでオナニー。イメージ的なもの。

5コス目、んーと、何ファッションというのだろうか?エレベーターガールかな。

着衣でのハメ撮りまでの流れ。ミニスカ太腿がソソるがこの色合いは嫌だな。


6コス目はファーストフード店のアルバイト。良く似合っていますね。

ミニスカでパンチラ見せつければ男の視線は釘付けです。このまま後ろから襲いかかって立ちバックしたいぜー!
注文の品を届けにいってそのまま外出先でお客に犯されてしまう。

ドラマじゃなくあくまでコスプレものだから、すごく抵抗するようなものはない。

 


スーパー制服アイドル もも香

(DMM動画配信)

●女優名:涼木もも香
●身長:166cm B86 W58 H88
●出身地:兵庫県

評価・レビュー

 
懐かしのAV女優となりますが、涼木もも香ちゃんのコスプレもの。この子はルックスがすっごく高い。ルックス = 可愛い+ぱっと見た目の表情の明るさのこと。アイドル級の美少女でありながら、彼女は現役の有名大学生らしい。しかも慶応ですよ。偏差値はかなり高いですね。こんな娘が学園内を歩いていたら一発で人目を引いてしまう。うむ、カワユすぎます。というわけで涼木もも香の作品はずべてチェックしたのだが、この子に似合うシチュエーションは絶対に女子校生制服・ミニスカ・ソックスだ。だって、まだ初々しいギャルなのだから。にもかかわらず、作品は女子校生を扱ったものが少なくて凄く残念です。

本作はコスプレものということもあり、必ずは女子校生シーンは出るものだ。写真見てのとおり、さすがに制服姿は可愛い。だが撮影自体はダメダメで、これでは抜けるはずもない。さらにアルバイトシーンのミニスカ姿。萌え萌えです。しかしその後の流れが良くない。期待が高い2つのシーンにおいて抜き場がないわけなのです。カラミ自体は計4回あります。どこに抜き場を求めるか?

俺の場合4か所ともダメで、一番興奮するのはアルバイトミニスカでのパンチラシーンでした。妄想が強ければマニアには抜けるはず、たぶん。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11