• その他さしすせそ行の女優
カテゴリー:その他さしすせそ行の女優

女子校生の涼木みらい
女子校生の涼木みらい、長いロングヘアーは男たちの憧れですね。クラスの男子生徒にモテるのは当然だが、実は彼女は担任の教師に恋心を抱いていて放課後に待ち伏せをしていた。

意志が弱い男子教師は彼女に押されるがままエッチしてしまう。

長い髪の毛がかなり色っぽい。

この綺麗にまとまった教室に臨場感が薄いのは難点だな。

女優のルックスはそこそこだが、男好きするというか見栄えが良い。


制服は脱がさないでスカートをまくって肉棒を突きまくった。


可愛い彼女を狙っていた男たちに襲われてしまう。

チョッキを着た制服もまた可愛いです。

教室で男3人を相手にフェラでまわされる。

さらに別の日に、恥かしい写真をネタに体育倉庫に呼び出される涼木みらい。

もはやブルマじゃなくて、スパッツが世の中では定着してしまったのだろうか。

スパッツはただの運動着、まったくエロスは感じられない。

そのまま体操着から制服に着替えさせられ2回戦突入。

前半戦が着衣プレイだった為か、ここでは全裸でセックス。

キャーキャーうるさいが、本気で嫌がっているとは思えない。

 


犯された女子校生 放課後の輪姦教室

(DMM動画配信)

●女優名:涼木みらい
●身長:155cm B87 W59 H88
●メーカー:エスワン ナンバーワンスタイル
●収録時間:120分

評価・レビュー

 
ジャケット写真を見て一発で購入を決めてしまった本作品。この制服が似合う素敵な女性のお名前は涼木みらい。ストレートの長いロングヘアーは男たちの永遠の憧れです。すごい美人とか可愛いとは言わないが、全体の雰囲気が最高に可愛らしいです。いわゆる男好きするタイプではなかろうか、何かを期待させてくれるような、何がが出来そうな気がする、隙がありそうで男はいつも狙っている…、そんなふうに男の妄想をMAXベット状態に高めてくれる瞬間が一番楽しいのかもしれない。だが全く個人的な主観だとすごく恥ずかしい、念のためDMMお気に入り数や他の作品も確認したところ、そこそこの女優さんであって少しホッとした次第である。

そんな訳で即購入を決めて視聴すると、女優さんは思った通りに魅力的だ。アダルトビデオで見たかった理想的な女子校生である。危ない輪姦という設定内容であるが、俺にとっては単純に彼女が制服で登場する作品がこれしか無かっただけの話である。見所は前半の制服着衣プレイオンリーだろう。制服を着た涼木みらいは、すごく見栄えが良い女子校生だと思う。グラビアカットだけでも十分に色気が匂い立って楽しめるというもの。

だが美女系やアイドル系を得意とするエスワンでこの手の内容はチープ過ぎるんだよね。女優さんも場に合わせてキャーキャー叫んでいる学芸会レベルの演技だし、そもそも背景もなっていない。キズ一つないセッティング終えたばかりの教室には全く臨場感が感じられない。アダルトビデオとして見れば出来はイマイチなのは否めない。今回は惨敗に終わったが、自分のタイプであるのは間違いない。この女優さんをまた別な場面で制服アダルトしてみたいですね。

 

 

タグ

早乙女夏菜
超人気JKリフレ店に在籍する女の子たち。今日は3名が在籍しています。人気の制服少女あきなちゃんを指名してマジックミラー越しで行われる危険なパフォーマンスやブース内でのエロ過ぎる裏オプの隠し撮りを楽しめるぞ。

女優は早乙女夏菜、そんなに美形ではないが男好きしそうな隙のありそうな女の子。

だが見ていて面白くない…。

この手の作品はエロより会話のやり取りを楽しむのだろうな…。

お店の女の子と仲良くなって後日呼び出す。


トイレでフェラから手コキで射精させる。


お店での光景、望遠レンズで撮影。

しかし映像も暗いし視聴者的にはやはり面白くない。

ハメどりしても何ら意味が無い。


最後はホテルで撮影。

女子校生の制服は脱がさずに着衣のままでエッチ。


なかなか卑猥なシーンが心くすぐります。

最後は正常位で突き込んで顔射でフィニッシュ。

 


発掘!看板娘 池袋人気JKリフレ店の指名No.1神カワJKあきなちゃん

(DMM動画配信)

●女優名:早乙女夏菜
●身長:155cm B82 W58 H84
●メーカー:kawaii
●収録時間:156分

評価・レビュー

 
おじさんたちが大金をつぎ込む今人気のJKビジネス。田舎に住む自分には遠い世界だが、都会では様々な方向へ多様化して流行っているらしい。単純に制服を着た風俗のみならず、純粋に若い女子校生たちとデートしてお食事したりするだけのノーエッチの世界すら存在するという。各個人のニーズに合わせた趣向を取り入れるのは、ワンツーワンマーケティングとも言えよう。都会の風俗店はビジネスとして高度に洗練されている。
そんな世界を映像に具現化したJKリフレという動画が最近大いに流行っている。どれもこれもジャケット写真が素敵すぎて女子校生マニアたちの心も踊る。俺もその一人である。なにか妙に期待するところがある。金さえつぎ込めば確実にリアルで行える行為であるので、映像に自分を重ね合わせようとしているのかもしれない。
というような妄想を頭の中で育て上げていく瞬間がアダルトビデオの一番の醍醐味ではなかろうか…。

そんな訳で本作、女優名の記載はないが早乙女夏菜。ルックスは普通だが、女子校生として逆にお手頃でリアル。DMMのお気に入り数を見ると16,000件超えのバカ売れですね。しかも平均評価4.4を叩き出している。こうなってくると皆が安心して購入出来るから人気が人気を呼ぶわけですね。

しかし個人的評価はフツー…としか言いようがない。以前に有名女優の天使もえが登場するJKリフレも見たが同じような感想しか抱かなかった。これと同じくジャケット写真は最高。しかし内容はお店の中で男女がやり取りしながらエッチするのを望遠レンズで撮影するというのが俺には理解できない。
単純にアダルトビデオとして見た場合、まったく抜き場となる場面が見当たらないのだ。視聴者を意識した映像はあまり盛り込まれていない。望遠=盗撮だもんな…。おそらくはエッチするまでの会話のやり取りが人気の秘密ではなかろうか。つまり腰を据えてみる必要があるのかも…。即抜きたい派には面白くないということか。

 

 

タグ

地下アイドルさかうえもか
転校生として新たにこの学園にやってきた「さかうえもか」ただし女生徒は彼女一人。女の匂いに男子生徒は大興奮だろう。

ステージ1、保健室で体操服ブルマ。

小柄な少女に王道の色合いのブルマは、いかにも女学生という感じがして匂い立つ。

乳首舐め手コキで、男は自らの腹の上にぶちまけた。

ステージ2、教室で先生とのカラミ。



ミニスカ捲り上げて完全着衣バック突き、でも男は丸裸なのが変だ…。

制服は着衣のまま、特にバック突きは角度を変えたり、視聴者目線にカメラアングルが良く興奮できる。

ステージ3、更衣室でスクール水着、体のラインが綺麗で少女が匂い立つ。


脇から肉棒を差し込んでバックから尻コキで紺色の水着にぶっかけた。

ステージ4、チアガールコスでバイブ。


ステージ5、男2人相手にハメどり。

制服で登場するが前半着衣プレイだったのでここは衣装は脱がせてしまう。

以上の撮影終了後、彼女得意のカラオケを披露する。

 


転校したら女子生徒は私だけっ!?

(DMM動画配信)

●女優名:さかうえもか
●身長:146cm B83 W57 H85
●趣味特技:歌、ダンス

評価・レビュー

 
元アイドルグループに所属していたという、さかうえもか。ルックスもそこそこ良く、制服姿も良く似合う小柄な女性だ。撮影の最後には自慢のカラオケを聞かせてくれるが、wikiで調べたところ経歴がよく分からない。誰も作成していない。DMMでみれば「地下アイドル」出身という言葉が使ってある。ただのAVファンである俺にはよく分からない世界みたいだ。だが、そんな事はどうでもいい。元アイドル・元芸能人という肩書を持ってデビューしてきた女優は多いが、どうせいつも聞いたことが無い名ばかりだ。もう慣れきっている。要は内容なのだ。評価、星5

最近は甘目の採点になってきたが、すごく良かった、興奮したという作品という訳ではない。そういった妄想と興奮を引き起こす作品といえば、ドラマものや企画作品のシチュエーションという場合が多い。本作のような単体女優の通常作品ではリアルな映像をお届けする訳じゃなく、ただのハメどりアダルトビデオに過ぎないのだ。だから視聴者がのめり込むような興奮と感動は味わえないが、逆にエッチとしての良いシーン、形にこだわったものがある。

JK制服 → ブルマ → スクール水着 →(サプライズ)→ 別の制服で3P、いわゆる定番の流れというやつだ。

これが主流の単体の女子校生作品の構成図だ。決まり決まった流れであるが、これこそが女子校生マニアが好む部分のみを集めた集成とでもいえるだろう。後は制服を脱がせたり、ありえないような色柄の衣装さえ使わなければ文句の付け所は無い。

さて本作だが、まず女優の「さかうえもか」は小柄な美少女として女子校生役には適任だ。長い髪とスレンダーな体が匂い立つ。そしてブルマやスクール水着も王道の紺色を使用してある。脱がさないためにも、そのシーンでは尻コキやフェラを使ったのは正解だろう。フェラやカラミという性行為そのものより、むしろ制服少女がそれを行っているという事実こそが重要なのだ。その事実の証明とは「着衣のまま」であること。フェラをしているシーンに興奮するのではない。フェラをしている少女が紺色のブルマを履いていることに興奮するのだ。そこをきちっと抑えた作品ならば満足できるというものだ。何の話をしていたのか、自分でも分からなくなってしまった。

 

 

タグ