カテゴリー:OFFICE K’S
ホームPage 1 / 212

JK太ももコキ逢月はるな
可愛い女子校生たちの甘酸っぱい股間に埋もれパンティ責め、太腿にイチモツを擦り付けシゴいてみたいOFFICE K’Sがお届けするJK太ももコキ!

1人目は逢月はるな、激カワな美少女の制服パンチラが匂い立つ。優しさのある幼顔で声も甘い。そんな彼女に言葉で責められたら精神が折られてしまう。ボクは貴方の従順なペットになりたいです。

若いJKの白い太腿に男根をスリスリと擦り付ける。

自分よりずっと年下の幼顔のギャルに小悪魔な笑顔で優しく責められる。

逢月はるな最高すぎる。普通のハメどり作品よりも何倍もエロい!


2人目は星川麻紀、展開はほぼ同じ。というかシリーズ全部同じ。

太腿コキも良いがパンティ責めや顔面騎乗で顔を埋めるの熱い!



3人目は藤城なのは、最初から何かを期待してしまうエッチな色気たっぷりギャル。

女子校生は着衣のまま顔騎で責められる。

ツンデレ女子校生がクールな表情で男根をコキコキ。


4人目は小泉まり、深緑チェック柄の定番のミニスカ。

リアルに最も馴染みある女子校生スカート、あの内側に埋もれたい!

シリーズ中でも珍しくおっぱいの露出があるぞ!

5人目は水野朝陽、お姉さんな雰囲気のある女子校生。

5人の女子校生のスカートの内側に埋もれ太腿でシゴかれるマニア唾涎の一本だ。

 


JK太ももコキ 3

(DMM動画配信)

●女優名:逢月はるな、星川麻紀、藤城なのは、小泉まり、水野朝陽
●メーカー:OFFICE K’S
●収録時間:133分

評価・レビュー

 
フェチなアダルト作品が多いOFFICE K’S、この「JK太ももコキ」もシリーズ化されて女子校生マニアから絶大な人気を誇っている。DMMレビュー評価も星4か5で当然だろう。文句のつけようも無いが、強いて減点するならば女優のルックスくらいしか見当たらない。内容自体はいつもマニア受けする最高クラスなのだ。

本作は制服を着た女子校生に太腿や美脚で足コキされ責められるもの。女優の裸体の露出も無く、当然カラミも無い。女優にすれば、スタジオインしてそのまま脚でコキコキする超簡単でお気軽な撮影現場とも言えよう(笑
しかし制服マニアにとっては堪らないドキドキ感が満載だ。何もハメどりだけがAVの全てではない。グラビア的見栄えのする可愛い制服JKたちがミニスカでパンチラしてくれる。甘酸っぱく匂い立つような絶対領域に男が顔を埋める、イチモツを擦り付ける。女子校生のスカートの中で自分が埋もれるということは、自分が女子校生を征服したこととまるで相違ないのだ。女子校生と一体になるとはこのことであろう。

ハメるよりお手軽だ。しかし現実的にはハメるより難しい気もする。街で女子校生をナンパしても、自分の彼女に対してさえも、この行為を遂行することは難しい。女性側から見れば、スケベな変態にしか思えないからだ。これでは男のプライドが威厳が許さない。大人が年下の女子校生のスカートの中に顔を突っ込むなんて恥ずかし過ぎる。そんなスケベ男の夢の行為、女子校生の絶対領域に埋もれる、そして白い太腿でシゴかれるというフェチな動画作品。妄想が無限大MAXまで膨らむこと間違いなし。

 

 

カテゴリー
タグ


女子校生の目の前に突っ立って自分だけがシコシコやって恥を晒す。相手は自分のセンズリをじっと鑑賞しているだけ。凄く羞恥心に溢れている。この行為に興奮を覚えるヤツはいわゆる変態だね。露出狂と同じだ。己のプライドを捨て去った変態行為、有りのままの素の自分を曝け出す開放感は最高だ!

1人目は天音こころ、ふっくらした顔立ちで色白の女子校生。もちっとした肌感が堪らない。オヤジ好きしそうな女の子ですね。

ゼンズリ鑑賞が主だが、一応フェラや手コキでお手伝いしてくれるのが有り難い。


2人目は制服姿の瀬名あゆむ。

内容構成は5人共すべて同じ。


男はパンチラの目の前で己のイチモツを握りしめシコシコやる。

3人目は中野ありさ。

美人さんの目の前でセンズリするのは凄く恥ずかしい。


小悪魔チックに甘い言葉で責められ羞恥心が倍増する。


4人目は長谷川しずく、トイレの個室にて。

冬物の重たいセーラー服が可愛くなかったな。

女性のアソコを目の前にハメることなく、ただ妄想だけでシゴくのだ。


5人目はジャケット写真の相葉レイカ、唯一のギャル系女子校生。


ギャルが相手だと羞恥心は少ない。最初から変態プレイを楽しもう。

 


よーく見ててあげるからいっぱい射精してね 積極的な女子校生のセンズリ鑑賞

(DMM動画配信)

●女優名:天音こころ、瀬名あゆむ、中野ありさ、長谷川しずく、相葉レイカ
●メーカー:OFFICE K’S
●収録時間:95分

評価・レビュー

 
これまたマニアックなOFFICE K’Sの動画作品。女子校生を遠くで眺めてセンズリこいている姿を見咎められ、彼女の目の前でセンズリする羽目になる。とはいえ手コキやフェラでお手伝いしてもらえるのが唯一の慰みか。だが基本は女子校生の目の前で直立して、右手で自分のイチモツを握りしめシコシコやるだけ。その様子を相手はマジマジと見つめている。これってすごく恥ずかしい。ある意味で罰ゲーム的だろう。

まさに変態フレイだね。自分の羞恥心を捨て去らないと出来やしない。リアルでこの行為を出来るかい?例えば彼女の目の前で、彼女は椅子に腰かけた目の前で自分のイチモツを取り出しただ漠然とシコシコやる。誰も見ても変態だと思われ、その日のうちに彼女に振られてしまうこと間違いなし。

しかし男の妄想の中にはこんな変態プレイも有りだと思う。女性の前で男の恥を晒す。自分は変態だと女性に見せつける。自分をわざと卑しめる。そこに興奮するものがある。昔からあるコートの中を見せつけたら素っ裸的な露出狂と通じるものがあるだろう。リアルで行うなら、恋愛とか無しの最初からのセフレと楽しみたい行為だ。しかも相手が年下の女子校生だとさらに興奮度が増す。変態おやじですね。

さて本作は5人の女優が登場する。ジャケット写真が派手なギャルなので敬遠されてしまいそうだが、その他4人の女優は正統派の美少女。なぜ異質な1人をジャケ写真に起用したのか理解に苦しむところだ。見どころは3人目の中野ありさだろう。美形の女子校生の前で一人でシコシコやって恥をかく。相手が美人であるからこそ己の羞恥心も増大するのだ。

 

 

カテゴリー
タグ


顔騎作品は多いが、女子校生の顔面騎乗責めではパンティは必須なのである。女子校生そのものに満たされたいわけだから、制服、ストッキング、その他全部着衣でなければならない。パンティという重要なアイテムを外してしまったら、ただの一般向けのエッチな作品でしかない。さらに重要な点は、相手は丸裸にして恥ずかしい思いをさせて、自分は制服を脱がない。そういう上からな立場の優位性こそがS女の証だ。

これぞ女子校生パンティ顔騎の最高のシーン。制服は脱がない。そして大事なのは正面に向き合って立直すること。女子校生が上から目線で男を見下し征服している。

立直しているのはいいが後ろ向きはダメである。男に背を取られるような隙を見せてはならない。あくまで女子校生が一方的に優位に立ち続けてもらいたい。

2人目の女性は男に責められ気味、女性のS性が発揮されていない不出来だ。


正面顔騎だが立直性に欠けている。見ての通り女性が感じ入っている。男に責められてはいけない。女性は感じてもいけない。こちらが痴女的に一方的に責めなければいけない。

2人目はただのエッチ好きなスケベ女に過ぎなかった。

3人目は肉食女子な雰囲気があり、顔面騎乗に持って来いの逸材だ。

正面から向き合い、加えて女子校生の表情に余裕が伺える。このように上から男を見落ろし、自分が格上なのだと自覚してほしい。


JKパンティ責めに熱く興奮した男が反撃に出る。

色気もありプレイは抜群だったがパンティがいまいち似合っていなかった。

4人目はジャケット写真の女の子。こんなのパンティとは認められない最悪である。


まるでブルマプレイ、でもJKブルマなら濃紺色のはず。まったく見所なし


5人目はスレンダー女子校生に純白のパンティ。

しかしパンティの形が何か変だぞ?

プレイは良好。女子校生のスカートの中に太腿に挟まてパンティで包まれたい!

 


女子校生のパンティー顔騎

(DMM動画配信)

●女優名:村西まりな、皆瀬ふう花、泉晴香、広瀬奏、矢口理紗
●メーカー:OFFICE K’S
●収録時間:94分

評価・レビュー

 
現在のAV作品は一昔前に比べればすごく優れていると思う。ただ素っ裸になってエッチな行為をするだけでは、ありきたりでもはや何の興味も示さない。最近では背景やシチュエーションが重視されつつある。俺が好きな女子校生作品もそうだ。女優単体の知名度より作品の出来自体が重視される。

またフェチな性癖を持つマニアも多く、制服そのものや、パンチラ・イメージ動画など、本番行為なしの作品ですら良く売れている。つまり女子校生という憧れに対し、妄想だけで十分抜けたりするのだ。そんな中で女子校生顔騎という作品もある。まだ作品数は少ないが、これから伸びてくる分野ではないかと思うのだ。メーカー側がこのニッチな世界に気付いてくれればいいのだが…。俺もいくつかの作品を見てきたのだが、やはりメーカー側はツボをよく理解していないようであった。女子校生マニアにもいくつかのパターンがある。

1、初期的には女子校生をヤリたい、犯したい、征服したい。
2、後期的には女子校生と一つになりたい、征服されたい。

1においては女子校生と犯ってみたいという動機で最も一般的だ。契機は学生時代の思い出に始まり、援助な交際、その他さまざまだが、女子校生を征服して犯すことに興奮を覚えるのだ。行きつく先は、痴漢や強姦だったりもする。俺もコンビニ店長、中央線・埼京線シリーズは大好きだ。

2、この境地に達した一部のマニアは、逆にイメージ重視にソフトなパンチラ系動画に走る。女子校生と言いう可愛らし存在で自分の心を埋めて満たされたい女子校生を満喫したい。女子校生で溢れたい。女子校生と一つになりたい。こういう妄想が働く境地に陥ってしまう。それは何もエッチ行為とは限らない、もはや女子校生マニアの仙人であろう。

俺もそうだが、無修正作品などは全然興味が無い。目的が違うのだからな。話は戻るが女子校生顔騎。これは女子校生で心を満たされたい、女子校生に制服されたいという作品である。分かりやすく言えば、女子校生に対してMなのだ。女子校生に責められることに悦びを感じ、女性に上から馬乗りにされ支配されていることが、逆に相手を支配している天衣無縫なマニアのの境地なのである。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 212