カテゴリー:西野翔
ホームPage 1 / 212
  • 西野翔

西野翔のOL画像
西野翔はやっぱり長い髪の方が素敵ですよね。気弱そうなスレンダー美人は誰もが職場で狙っている。例え既婚だろうと関係ない!ストーカーたちの欲望は止まらない。

自宅で旦那とのエッチシーン、興味なし…。


職場の凛々しい姿がソソるんです。素敵なお姉さん西野翔。

睡眠薬を飲まされ罠に堕ちる。

寝ている女性とのセックスは視聴者てきにはつまらない。

ジャケット写真の縞々シャツが可愛らしい西野翔。

弱みに付け込まれて襲われる。

この衣装の着衣セックスも見たかったが、全部剥ぎ取られてしまう。


見所はこの両足肩乗せエビ固めセックス、犯している感がたっぷり。

男の征服欲が満足できる興奮絶頂ラッシュ!

あとは堕ちてゆく女の流れ。

トイレでイラマチオ気味のフェラ。

最後のカラミも衣装は可愛らしい。



ここでも両足を高く突き上げた姿勢に犯されるエロスが感じられます。

 


狙われた美人妻 ストーカー 狂気の妄想恋愛の果てに…

(DMM動画配信)

●女優名:西野翔
●身長:159cm B81 W57 H87
●出身地:静岡県
●メーカー:アタッカーズ

評価・レビュー

 
やはり西野翔はヤラレ役として最高の女優さんであり、アタッカーズ作品が良く似合う。さて本作は他人のレビューが低かったので今まで敬遠していたが、いざ自分が見てみると大当たりだった。人の性癖とはそれぞれであり、とにかく自分の感性にさえ合致すれば全てが正当化されるのだ。アタッカーズのドラマ作品の評価はストーリー重視な傾向のレビューが多い。2時間物の作品を網羅する彼らは本物のマニアなのだろう。早送りしてエロシーンのみ追求する俺には良く分からない物語内容である。しかし普通のアダルトファンであれば、俺みたいな視聴の仕方が一番多いんじゃないかな。だから彼らの目線で評価されてもあまり参考にならないケースも多い。

さて本作は良く分からん気難しいストーカー物だが、西野翔のジャケット写真がそそります。ボーダーのシャツってかわいいよね。チラリと見えるミニスカの奥が男心をくすぐります。映像ではその衣装での登場はあるが、乱暴に全部剥ぎ取ってしまうので着衣セックスを見れなのは残念である。だが結果的にはそこで全部脱がせてしまって良かったと思う。
実は個人的にこの作品が気に入ったのは「エビ固め合体」のセックスである。女性の両足を男の肩に乗せて丸め込んだ形でガンガン突き込む体位だ。この体位は女性を身動き出来ないようにして、上から女性の顔を間近で覗き込むことに男の征服感・支配欲が達成される。故にレイプ物語にはぴったりな体位だ。西野翔を犯した―という気持ちが伝わってくるのだ。中盤に訪れるこのワンシーンだけで極めて価値は高い。さらに最後のカラミでも、西野翔がガンガン突かれまくって両足を高く突き上げるシーンも見所の一つだ。
結局、個人的に好きな体位があるから良作だと言っているだけである…(汗) もしこの両足肩乗せエビ固めセックスが盛り込まれてなかったら、大きく評価は一変してしまう。それを抜きにしたら二度と見る機会はないだろう。

西野翔のドラマ作品の全てに目を通したわけじゃないが、意外とエビ固めセックスは無いんだよね。別に珍しいわけじゃないが、だからこそ製作者や男優も意識したわけでもないのだろう。まじで貴重なワンシーンだ。押し込められて犯される女性の姿に興奮できます。つーわけで、西野翔の俺的ナンバーワンの作品である。

 

 

カテゴリー
タグ
  • 西野翔

痴漢映画館の西野翔
友人と一緒に映画を鑑賞している西野翔。ふと気が付いたら隣の友人が痴漢されていた。その場はそれ以上は特になく、騒がず大人しくやり過ごした。

痴漢に襲われた彼女も特に気にしていない様子。

別の日、一人で映画を見ていたら、例の痴漢に狙われた西野翔。顔が強張っています。綺麗なスカートから覗く足がソソる。

さらに映画の帰り道に自宅までストーキングされ、強引に押し入られ襲われてしまう。泣き叫ぶ西野翔。彼女は脱がされるまでは抵抗が強く見応えがある。

痴漢はゆっくり慌てず落ち着いて正確に?手を伸ばして彼女を追い詰めていく。


衣服を剥ぎ取られ素っ裸にされてしまう。男にハメられて涙顔の西野翔。

後は抵抗もなく大人しく従順になってしまう。もっとがんばって抵抗してくれー。


また別の日、映画館で再び痴漢魔と遭遇してしまう。


本作の見どころはココだ!映画館で声を押し殺しての立ちバック。もちろん着衣。白のブラウスと黒のスカートの匂い立つような色っぽい女性が犯される。

よくある展開ではあるが、とにかく衣裳が最高!美人お姉さんが犯されすこぶる興奮できる。西野翔作品中でも随一ではなかろうか。

その後も執拗なストーカー行為は続いてオフィスまで入り込む。職場でフェラさせられる西野翔。


彼氏と映画に来ても痴漢に襲われる西野翔。というか、もう待ってましたとばかりに痴漢さんにゾッコンLOVEな様子。

性に溺れる女の惰性セックス。あとはアタッカーズいつものお決まりのパターン。


赤みが差した背景に堕ちた女の哀愁が漂う彼女はもはや強姦魔の性奴隷。

 


痴漢映画館2 こんな所で…なのに、なのに私ったら!

(DMM動画配信)

●女優名:西野翔
●身長:159cm B81 W57 H87
●出身地:静岡県

評価・レビュー

 
この西野翔というAV女優は俺にとって気になる存在でいつも要チェックしている。最近はドラマ仕立ての作品によく登場している。これが大ヒットの連続で立て続けに作品を出し続けている。そしてどれも評価が高い。なかなか演技力が高い女優のようでシリアスな展開となっている。演技というより彼女の少し沈んだ表情が、もともと役どころに合っているのだろう。

西野翔はどの作品にもいえるが、最初に強姦されるシーンでは、衣服を脱がせられる前はそれなりに抵抗を示す。まずここが興奮どころとなる。しかし長くは続かず、その後は口先だけで大人しくなり、後は男になされるがままの展開となり面白みに欠ける部分がある。俺には彼女にはレイプシーンは似合わないと思う。抵抗が弱くて演技は下手。あまり興奮も出来ないし抜けない。

そんなわけで抵抗するシーンの演技はイマイチ下手な西野翔だが、彼女の強みはここから始まるのだ。

その後また脅迫されて仕方なく、嫌々ながらにエッチする展開が続いていくわけだが、ここでは展開的に抵抗はいらない。演技として必要なのは「嫌々な顔の表情」のみである。このときの表情が西野翔にぴったりなのだ。演技とかそういうのじゃなくて、最初からその場面にぴったりはまる嫌々した表情を持っているのだ。

このシリーズはシチュエーションこそ違えど、展開はいつも同じだ。最初は強引な押し倒しによるレイプシーン。そしてその後は女の性に溺れる惰性的なセックスを描いていく。この後半の部分こそ西野翔にとって最も合う役どころであり、おそらく彼女こそ最強だろう。それが視聴者にウケて、こうしていくつもの作品に連続で出演依頼を受けているのだと思う。

本作の抜き場としては、白のブラウスの綺麗な衣装を着ての映画館での着衣行為であろう。ぱっと見た目も、まさに美人OL。会社で憧れるような存在だ。そしてその姿のまま脱がさずに、立ちバックで突きまくられる。もちろん彼女は嫌々な心もちで、声を押し殺してのエッチシーンとなる。ここはかなり興奮できる。本作が人気が高いのも頷けるというものだ。

 

 

カテゴリー
タグ
  • 西野翔


西野翔の女教師ものの作品。最近はアタッカーズのドラマ物に出演して高評価を得ている。シリアスな役どころから犯され役を演じるわけだが、西野翔のその表情が最初から合っていると思われる。OL、人妻役、今後もずっとこのシリーズで演じていくのではなかろうか。もう明るい笑顔ではいられない西野翔である。

自宅でのエクササイズ・シーン。こういったイメージシーンは大切だ。健康美を見せて女優の魅力を高めている。西野翔の意外な一面を見た気がする。

写真を隠撮りさてそれをネタに呼び出されヤラれる。見知らぬオッサン相手に激しく抵抗するが押さえこまれてしまう。西野翔は最初の部分の嫌がる演技だけはいい!

おっぱいに辿りつくと、必至の抵抗を見せる「イヤ~~」の叫び声。その後は泣いて比較的に大人しくなってしまう。挿入時の抵抗も口先ばかりで弱々しく体を張って抵抗するわけではない。

後は為されるがままフィニッシュは顔射で。


写真を隠し撮りして彼女を罠にはめた張本人が登場する。

制服姿に着替えされられる。もはやピチピチじゃない彼女にはあまり似合わない。

頭を抑え込まれての強制フェラ。

写真をネタに保健室に連れ込まれ3P。

白のブラウスと黒のタイトスカートはよく似合っている。良いシーンだと思う。


ベットの上で男子生徒に好き放題めちゃくちゃにされてしまう。


その後も呼び出され何度も犯されていく西野翔。

下から舐め上げるフェラ、着衣であればこそ一段とソソるのです。


あとのシーンは、自宅やら保健室やらでエッチ漬け三昧。ハメられ犯され中出しも。素っ裸にされて為されるがまま。

 


服従の方程式 女教師、恥辱の日々…。

(DMM動画配信)

●女優名:西野翔
●身長:159cm B81 W57 H87
●出身地:静岡県

評価・レビュー

 
作品の評価の方はまずまず。アタッカーズのこのドラマレイプシリーズは最近人気が高い。だが作りとしては似たようなものであり、最大の見せ場は初回のレイプシーンか2度目の嫌々ながらのエッチシーンと相場は決まっている。それ以降は服従した、ただのメス豚に成り下がってしまうから一般の淫乱作品と対して変わらない。見どころは脅迫シーンの前半オンリーなのだ。

で、本作では見せ場のレイプシーンだが、背景が教室や男子学生ならいいが、ここで変化球を投げて倉庫に呼び出されて見知らぬオヤジに犯られてしまう。場面のシチュエーションは西野翔のタイトスカート・ファッションでソソられるのだが、何の因果も無いオヤジ相手では前後の背景が薄くて興奮に欠けてしまう。この後の展開は服従した姿だから、憧れの女を犯すという見所は後半になるにつれ薄まってしまう。しいて挙げるなら保健室エッチシーン。白いブラウスと黒のタイトスカートでのバック突きだろう。清楚な女教師が犯されるという興奮がある。

ところで西野翔、こういったドラマレイプシリーズに向いていると思う。そもそもが陰のある顔立ちをしており、脅迫されてヤラれ役という表情を最初から持っているのだ。演技が上手下手の問題以前に、彼女がそこに居るだけで物語にマッチしている。最初からヤラれ役が似合っている。

デビュー当初は人気アイドル路線だったけど、今までそのことに気付けなかった。今後さらに人気を得ていくだろう。ただ一言いわせてもらう。最初から適任とは言ったが、演技をみると、かなり弱い。ヤラれて泣き叫ぶ最初はいいが、抵抗は長くは続かず、すぐに大人しくなって言いなりになってしまう。もう少し頑張って抵抗を示して貰いたい。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 212