• 牧本千幸(つかもと友希)
カテゴリー:牧本千幸(つかもと友希)
ホームPage 1 / 11

超少女 牧本千幸
80年代に宇宙企画よりデビューした牧本千幸、エロ本雑誌のグラビアではよく巻頭を飾っていましたね。かなり懐かしい青春の思い出。彼女のアダルトビデオを見たのはずいぶん後のことになった。だって当時のレンタルビデオ屋のアダルトってお店によって品揃えがマチマチなんですよ。お宝AV求めてビデオ屋回りしたものです。

もう古い作品なのでネット配信の画質は1,000kbで悪いのは致し方ない。


彼氏との制服でのカラミだが、途中で彼女が嫌がってお触りまで。


その後、気を取り直して旅館でのカラミ。


例え別れても微笑みを忘れずにいればきっと幸せが訪れる筈だよね。

カラミはこの1回で処女初体験という感じ。仮に画質が良くてもかなりソフトな作りで興奮は誘えず。

東京に旅立つ彼氏の列車を見送る牧本千幸。

 


「今日は幸せさん」牧本千幸

(DMM動画配信)

●女優名:牧本千幸(つかもと友希)
●身長:154cm B83 W59 H81
●出身地:広島県

評価・レビュー

 
「超・少女」 牧本千幸ここに在り!いま聞くと、ちょっと自分も恥ずかしくなる。本人はもっと恥ずかしいハズ。超・少女って…。アイドルって大変だよね。何でも笑顔でやってのけないといけない。いやアイドルならまだいいかもしれない。女子サッカーでは「なでしこジャパン」とか、女子バレーでは「ハイブリット6」とか、あんなの周りが勝手に命名しちゃってさ、本人たちは、気恥ずかしいんじゃないかな。

この制服少女・牧本千幸は80年代後半に宇宙少女メンバーとして、あの小森愛たちと肩を並べた存在だった。エロ雑誌「でらべっぴん」でも数多く掲載されていて、彼女を形容する言葉に「超・少女」とある。いままでの宇宙少女をさらに超える存在ということになろう。

余談ではあるが、ウルトラマンシリーズが進むにつれて、セブン、新ウルトラマン、そしてウルトラマンAへと受け継がれるが、このウルトラマンAの時代、怪獣はほとんど登場しない。登場する敵は「超・獣」と言うらしい。敵のボス・ヤプール星人なるものが怪獣に手を加え改造し、怪獣を超える存在=「超獣」らしいのである。だが分かりにくい造形語であり不評を買い、続くウルトラマンタロウではまた怪獣となって仕切り直しとなっている。

さてこの「牧本千幸」、見ての通り女子校生・制服の似合うAV女優である。その「モチッ」とした肌感がたまらない。亀仙人が言う「ぴちぴちギャル」である。俺にとってのキーワードは十分に満たしている。制服の色が濃く かなり重たい感じがするが、当時はこれが当たり前の女子校生姿だった気がする。まあエロ本でずっと見てきた俺にとっては、思い出深い女優の一人だ。

牧本千幸は引退後しばらく経ってから「つかもと友希」に改名し、少しハードな方向の作品に出演している。もう少女というお歳では無く、立派な大人の女性として、人妻役などが良く似合っている。この「つかもと友希」のファンは、当時の 牧本千幸のファンとは別物かもしれない。逆に俺のようなオールドファンは、彼女の制服少女イメージを崩したくないから、今の姿はあまり見たくないものだ。

 

 

タグ

牧本千幸セーラー服
エロ本グラビア雑誌ではお世話になった牧本千幸、宇宙少女軍団の中でも「超少女」と呼ばれており、別格の存在なのをアピールしていた。確かに雑誌では可愛かったと思うが、しかしこの映像を見る限り全然可愛く見えないんだけど(汗

共演の女優さんは藤森真奈、目元は下がって優しい顔立ち。そして巨乳系。

ストーリーある学園ドラマが展開されてエッチなシーンはチラチラとあるだけ。


どう思う?俺このビデオでは藤森さんの方が気になって仕方がない(笑


カラミは最後の一回だけです。学校内だからもちろん制服です。


昔の美少女AVは非常にソフトな作りで見所は薄い。

しかし、ここで見る牧本千幸は田舎っぽい女の子で可愛いとはとても思えませぬ。

 


超少女ちゆきが行く

(DMM動画配信)

●女優名:牧本千幸(つかもと友希)
●身長:154cm B83 W59 H81
●出身地:広島県

評価・レビュー

 
うっ…、見てびっくり!全然可愛くないぞ、牧本千幸。エロ本雑誌では大人気だった彼女だがAV作品として見ればかなり微妙に思える。写真とは当然静止画であり、完璧に一番映りが良い瞬間でシャッターを切る。でもビデオ映像では、素のままの姿が映し出されてくる。ここで見る彼女はかなり田舎っぽい顔立ちをしている。ちょっと濃い系。さらに昭和を思わせる重苦しい色合いのセーラー服がそれに拍車をかける。

本作もジャケット写真は可愛く写っているのだが実映像を見た瞬間にちょっとびっくり。以前に他の作品を見たときも同じ印象を受けたのだが本作では歴然とその事が理解できる。はっきり言う、全然可愛くない!エロ本時代に憧れを抱いていたが、いざAV(映像)を見て、がっかりしたというパターンの場合は、過去に思いの蓄積がある分だけに非常にショックは大きくなる。すでに抜けないことを冒頭の一瞬で悟ってしまった、無念…。

内容の方は制服を着た学園ドラマ、ストリーがあるようで、途中エッチなことになりそうでもなかなか進展せず、焦らしつつ最後にハメどりという展開。カラミはほんのちょっとで見どころは全くない。ただ重要なのは、グラビア雑誌に登場していた美少女がついにAVでカラミを演じるということだ。その場合、カラミの良し悪しはそこまで重要視されない。AV出演したという事実こそが大切なのだ。
ファンにとっては今までの憧れや思いから、妄想を爆発させ大興奮で抜けるからである。しかし牧本千幸の場合、完全にグラビアに負けている。宇宙少女筆頭の「小森愛」のグラビア・イメージビデオの場合は、エロ本と変わりないルックスなのでカラミがなくとも十分抜ける良作なんだけどね。

 

 

タグ
ホームPage 1 / 11