カテゴリー:栗林里莉
ホームPage 1 / 11

放課後わりきり栗林里莉
街でスタッフと待ち合わせする栗林里莉、こういう背景って地物の人にはやっぱり分かるんでしょうね。通りすがる人も誰もこれがAV撮影とは気付かない。まあAVマニアなら気付くだろうね。

スタッフと談笑しながらお食事。いつも思うが定食系のハンバーグとかボリュームあるものを食べているケースが一番多い。女の子だったらスパゲッティとか頼みそうなものだが、もしかしたらスタッフが強制的に注文しているのかも…、後の撮影の為に体力付けさせるために(謎

制服女子校生・栗林里莉、絵になるシーンですね。

まずは軽く電マをあててフェラへ。



カラミはパンツは外すが制服着衣で。まず無難な構成だろう。

最後は正常位で突き込み、口射でぶちまける。

ところ変わって制服女子が車内でフェラ抜き。



浴室でシャワーを浴びてたら男優2人が乱入し洗いっこしてイチャつく。


最後は男優2人と制服でハメどり。前半よりこっちの制服がビジュアルが良さそう。

黒パンストをびりびり破るのは賛否両論だ。いやらしくも汚くも見える。

白パンツの脇からいやらしくブチ込む。黒パンストとの色の対比が活きている。

二人掛かりで散々突き込まれて最後は中出しでフィニッシュ。

 


放課後わりきりバイト 33

(DMM動画配信)

●女優名:栗林里莉
●身長:153cm B83 W58 H80
●出身地:東京都

評価・レビュー

 
最近薄々と気付いていたことがある。この手の素人系の女子校生作品はイマイチ興奮に欠けるということに。2007~2011年頃に街中の女子校生シリーズを各メーカーがこぞって発売したが、雰囲気は良くとも「抜ける」映像ではなかったと思う。リアルな風景はいいが、あくまで盗撮風であり映像が芳しくない。臨場感に欠けている。

今思えばの話だが、あの頃はプレステが素人作品をやっきになって発売していた。当時はイマイチ人気不足だった気がする。今の隆盛はあの頃に種をまいた結果だとも言えるが、今のプレステは映像が実に素晴らしい。つまりだ、種を巻いた結果のみならず、プレステが撮りたい映像というものが当時の技術では再現しにくく、今日の臨場感溢れる映像とマッチしているからではないかと思うのだ。リアルな素人作品にはリアルに臨場感ある映像が不可欠ではないかと…。

本作はS級素人の作品だが、少し前の物で、やはり似たような物足りなさが見受けられる。たぶんこの頃の素人風作品はどこのメーカも似たようなものだ。内容構成から言えば悪くはない。だが視聴者が「抜く」ための熱い生々しいビジュアル感に欠けている。リアル素人作品は今日の映像技術でしか再現できないのではなかろうか。
逆に少し古い作品でも、例えば宇宙企画などの学園制服物語とかは、あまり臨場感を意識することなく楽しめると思う。それはリアル映像の生々しさより、楽しさが求められるからだ。必要なのは視聴者の妄想がすべてである。いわゆるグラビア的な絵になるシーンのことだ。エロ本を見て妄想を育てながらシコシコする感覚に似ているからであろう。むしろそっちの方がずっと楽しい。

てなわけで、作品に関すること以外の話ばかりしてしまった。本作というか本シリーズというか、それすらも飛び越えて、この時代のこの手の作風はどのメーカーをとっても同じ印象しか受けない。ただ女優が代わっただけであって…。
街中で素人風の女子校生と待ち合わせする。そしてホテルへ行って大人のお付き合いを共にする。ハメどりは制服着衣で…こんな感じだ。悪くはない、自分が見たいシーンがそこにある。だけどイマイチ熱い興奮に欠ける。出演の栗林里莉は、妹系のキュートなルックスをしている。彼女のような素材こそ学園ドラマで楽しくエッチを楽しんだ方が、返ってオジサンの妄想は引き立ち楽しめるだろう。

 

 

カテゴリー
タグ

栗林里莉のパンチラ
栗林里莉の制服シーン、ルックスがゆるい少女に、この萌える縞パンの組み合わせ!JK制服少女が匂い立ってきそうです。際どい格好で家の中をウロウロしたり思春期の妹の身体にドキドキ!背徳感を抱きつつ妹のカラダに溺れてしまう。

少し重い色をした制服だが、 栗林里莉ちゃんの可愛さはそれに勝る!ゆるキャラなベビーフェイスと長い髪が魅力です。



縞パンはJKマニアの心を大きく揺さぶる。縞パンこそ10代の若さの象徴!

妹の制服姿が可愛くて、お兄ちゃんは思わずブチ込んだ。


風呂場では王道の紺のスクール水着、フェラ抜きまで。



お兄ちゃんのお布団に下からもぐりこんで悪戯フェラ。

少女の部屋着姿ってソソるのよね。2度目のカラミまでの流れ。

ここは衣服を脱ぎ捨てて裸体でのハメどり。


 


ダサくて女々しいお兄ちゃんが、なんか最近、妙にソソる件

(DMM動画配信)

●女優名:栗林里莉
●身長:153cm B83 W58 H80
●出身地:東京都

評価・レビュー

 
女子校生といっても顔立ちはそれぞれ。一般にAV作品で人気を得るのはきりっとした顔立ちで華やかさが求められるのだが、それはぱっと人目に留まりやすいから。栗林里莉のような顔立ちは写真映りこそ一歩劣るかもしれないが、実はリアルではこういうこの方がモテやすいと思う。愛嬌ある顔立ちというのは親しみやすく 性格も優しそうに見え、相手からも話しかけやすい。高嶺の花的存在の美女よりも、こういった女の子の方が親近感がありすぐにお友達になれそうだ。

そして女子校生としての役どころの相性も良いはず。しかしAV作品としてはなかなか目に留まりにくいため彼女を知ったのはつい最近だ。思わぬ拾い物のような気がした。作品自体も前半は制服を着衣したままのカラミであり申し分はない。だが最終的な評価をつけるなら、少し考えさせられるところがある。

俺はおっさんだが、AVで女子校生作品を見るとき彼女らを美化してしまう傾向がある。先ほどの言葉で高嶺の花なのだ。現実的にはおっさんの俺が女子校生とえっちはおろか、お友達になれるはずもないだろ。犯罪だし…。だからこそアダルトビデオの世界があるわけだ。現実ではやれないような相手を妄想の世界で楽しむわけだ。そこには相手を崇高に見たりもする。そしてそれを×××な思い入れを込めて自ら興奮してしまう。この興奮、つまり抜けるかどうかなのだ。

その点 栗林里莉のような女子校生は親しみやすさが最初から勝り、AVとして見るにおいては興奮度が低いのだ。何かカジュアルな気がしてしまう。崇高に思えてこそ興奮するものだ。そこが足りないと思う。もっともお兄ちゃんラブ的な作品の展開がそうさせたのかもしれない。しかもお部屋の中だしね。次回は学校や街の中でリアルな背景を出したところで、この栗林里莉の女子校生シーンを見てみたいと思う。

 

 

カテゴリー
タグ

制服少女の栗林里莉
栗林里莉の学園制服作品、目尻が下がった愛嬌あるルックスは妹系の女子校生として人気が高い彼女。wikiを引いてみると活躍の場は広く、AV作品のみならず、映画、Vシネマ、テレビ出演などバラエティーに富んでいる。人を惹きつける魅力あふれる女優さんだ。一つ付け加えると名前は、りなではなく、りりである。

シーン1、誰もいない教室で縦笛を使ってのオナ。やはり制服が抜群に可愛い。

シーン2、職員室に呼び出され、担任の先生にエッチな指導を受ける。

このピンクのテカテカした派手な下着はマイナス点だ。女学生っぽくない。

下から舐めあげたり、頭を抑え込まれてのフェラシーンは征服感があってよろしい。


スカートは脱がせて上半身ははだけさせハメどりの展開。だが白いブレザー女子校生は日常で見たことが無いため、違和感があり妄想が育ちずらい。

シーン3、保健室で体育服ブルマ。フェラ抜きシーン。


この笑顔で下から見つめられたらオジサンたまりません!

シーン4、競泳水着でバイブ責め。身体のラインが綺麗で視覚的には良いが、水着の乳首のあたりを穴あきにするのは逆にマイナスだろ。イメージを損なってしまう。


シーン5、教室で男子生徒2人相手のハメどり。王道のクリーム色のカーテガンこそ女子校生たる最も似合う衣装だ。それは誰も否定できない。

ピンクが掛かったシャツは、AVでこそ使われる定番アイテムだね。

パンツ以外はミニスカもソックスも靴も全着衣。背景も手伝って憧れの女子校生とやっているという充実感がある。学校で教室でしてみたいですね!

2人とも存分にがんがん突き込んで最後は中出しでフィニッシュ。

 


学校で中出ししよッ 栗林里莉

(DMM動画配信)

●女優名:栗林里莉
●身長:153cm B83 W58 H80
●出身地:東京都

評価・レビュー

 
女子校生の栗林里莉、役どころとしては何ら不足が無い。まずは無難に出来た制服作品だろう。ただ彼女を評価するとかなり微妙かもしれない。可愛いのは確かだが、激カワというほどでもなく美人系というわけでもない。何となく顔立ちに愛嬌があり、隅に置けない可愛さとでもいうべきか。満点じゃないが合格点といった感じなのだ。

例えば、好きな女優ランキングとして名を挙げるならば栗林里莉という名はあまり上がってこないと思う。それは2チャンネルとかを見れば分かる。こうして彼女の作品を取り上げるブログ記事も少ないだろう。AV女優として何か人に印象を与える個性というものに欠けている感がある。
そしていざ作品を見てみると悪くもなく良くできている。単体女優として見るならば他の女優に比べ印象に薄いが、企画系やオムニバスとして見るならば、ちょっと気になる可愛い女優さんといったところだろう。

さて本作は宇宙企画からの学園コスプレ物語。学校の教室や職員室で、先生や男子生徒たちとエッチなエンジョイ学園ライフを送るもの。上記に述べた通り無難なくすべてのシチュエーションで好演出をしている。ツボは押さえてあり、評価するなら星4 は付けたい。ただ全体としてキレイに出来過ぎており、ここぞ!という熱い部分が見受けられないので「抜きたい」という衝動に欠けるのは否めないだろう。無難な女優さんを起用して無難な作品構成に作り上げた感じだ。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11