カテゴリー:川上さくら
ホームPage 1 / 11

川上さくら制服
タイトルには鈴奈という名が記載されているが、出演は「川上さくら」知名度は薄いが、コアなファンが根強い女優さんである。美形とまでは言わないが男好きしそうなルックス。小柄でスレンダーボディーなので制服を着た女子校生が似合う。

本作はお部屋での盗撮風の作品。川上さくらの清楚な制服がリアルっぽい。


前置きは短く、男優が現われてさっさとハメどり開始。

カラミはワンシーンのみだが、ずっと長い時間、というか最後まで突かれ続ける。



体位を変え、場所を変え、突いて突いて突きまくられる川上さくら。


女子校生に覆い被さるような密着セックス。


このシーンなんか、動物の雄と雌が交尾しているようだ。


ずっと長時間突かれ続けてお疲れ様でした。

撮影完了、制服を着直しておうちに帰りましょう。

 


したことない…ひとりしか まさかのH大好き完璧美少女!鈴奈

(DMM動画配信)

●女優名:川上さくら
●身長:146cm B82 W54 H84
●メーカー:NANIWA
●収録時間:69分

評価・レビュー

 
またもや古い作品を引っ張り出してみた。古いといえば白石ひとみ、もっと古くは小森愛やかわいさとみもあるが、あの辺の作品は伝説として語り継がれるから未だに色褪せない。むしろ10年程度前の作品の方が思い出せなかったりする。2000年代の作品の事だ。実はこの頃ちょっとした女子校生ブームであった。「援助」という名がもてはやされた時代だったと思う。AV作品においてもそれをテーマにしたものが多く、素人もの作品として人気を得ていた。プレステージなどがその頃に台頭してきたと思う。また有料素人動画サイトも全盛を極めていた時代でもあった。
この援助もの作品はリアルな描写こそ大切であり、アイドル的な有名女優では務まらない。名もない本当の素人のような女優を用意して、撮影は盗撮風のものが多かった。その方が当然雰囲気は出る。リアルな女子校生の姿が匂い立つ作風なのだ。

というわけで本作、制作はNANIWAだ。女子校生作品が強いマニアックなメーカーだ。名も知らぬような女優たちが登場しジャケット写真もソソるものが多い。しかしサンプル動画もなく、値段も単品で1,480円とかなり高い。これでは中々手を出せないのだが、本作はお気に入り数も多く、しかもレビューが高得点と来ている。気になって調べてみると自分のお気に入りの川上さくらが出演しているため視聴してみることにした。

この川上さくら、プレステ系の素人ものや企画系作品で出演しており、その当時は気になっていた。しかしよく考えれば、その企画作品に登場した女優の中では確かに目立っていたが、単体としてみるとそれ程ではなかったと思う。ちょっと失敗したという思いだが、まあ気になったら見るまでは自分が収まらないし仕方がない。作品の方もお部屋でのただのハメどり1回ワンシーンのみで見どころは薄い。しかし当時の彼女には結構マニアックなファンが付いていたように思う。

 

 

カテゴリー
タグ


出演の女優は川上さくら、小柄で色白な彼女は制服が似合う美少女。あまりメジャーではないが彼女を高評価するコアなファンは多い。しかし名前を伏せて出演した作品も多くファンにとっては探しづらい。

その魅力は難しい。すごい美人とは言わないが、もしリアルに置きかえて彼女と出会って、こういった場面になったら何かを彼女に期待しませんか?男好きするヤレそうな空気があるエッチな女の子。

最初からアダルトビデオと見るより、そう考えてみるとかなり楽しく興奮する妄想が出来ますよ(謎



まずはシャワー室でフェラからハメどりの流れ。

映像の画質は低い。また個人撮影なのか角度も全然ダメ。本当に一人で撮影しているのではないだろうか、鏡を使ったのは演出ではなく、それしか手法が無かったから?

全然ダメな風呂場でのカラミが終わり、再びJK制服姿。

しかし見所が薄いシーンばかりが続きます。




結局、全体に良いシーン、良い角度の撮影がなされていない。

魅力に高い女子校生の川上さくらだが、ここで「抜く」為には拍子抜けだろう。

 


ウリをはじめた制服少女37 原宿初ウリ少女

(DMM動画配信)

●女優名:川上さくら
●身長:146cm B82 W54 H84
●メーカー:プレステージ
●収録時間:113分

評価・レビュー

 
出演は川上さくら、ジャケット写真では色白でキレイ系の美人だ。思わずクリックしてしまうだろう。ツンとおすましした表情が良い。彼女は素人系の動画作品への出演が多く、一部にコアなファンを得ている。企画作品でちょっと気になる子がいたけど名前が分からない、というような場面も多く、自分も必死こいて彼女の出演する作品を探していたものだった。

この川上さくら、評価の方がかなり割れている。DMMのレビューでも本作を半年に一度の名作とか、シリーズ最強の美少女という人もいれば、逆に低評価を付ける人も数多い。自分も彼女の魅力を理解するのに時間を要した。川上さくらはツンとした凛々しい美少女系だが、そのルックスはさほどではないと思う。キラ星の如く美女が集まったAV業界においてさほど目立つものではない。もっと具体的に見ればテレビ芸能系のアイドルルックスではない。並みだよ並み。いわゆるパッと見た目が良い美人という訳ではない。単体として普通にAVビデオを見るならば普通レベルにすぎない。

しかし俺は企画作品で彼女を見たときに気付いたのだ。その作品の中の数人いる女優で自分が選ぶとしたらどの子?となると、この川上さくらを選んでしまった。他の女優のレベルが低かったこともあるが、もし合コンとかで、お見合いパーティーとかで相手を選ぶならば、この川上さくらを選ぶだろう。すごい美人ではないが男好きするタイプの女といったところだろう。このビデオでも見ていて感じるが、何となく話している雰囲気がイイ!
楽しいとかじゃなくて、何かこう…付け入れそうな、持っていけそうな気がしてしまう。いや、そんな期待を持てるからこそ、彼女を会話をするのは楽しそうだとも言える。別に彼女自体はそんなエッチな会話をしなくとも男には何かを期待させてしまう、そんな男好きしそうなタイプなのだ。だから単純にエッチなAVビデオとしてみれば、低評価なのだ。

だが、妄想がたくましくリアルに置き換えて妄想できるヤツにとっては、これかかなり美味しい女の子だと思う。彼女を高評価するヤツはこのへんに長けていると思う。逆に、アイドル系や。元・芸能人などの作品に飛びつくヤツには、この川上さくらの魅力は伝わらないだろう。彼女のコアなファンは、つまりかなりのAVマニアということだろう。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11