• その他かきくけこ行の女優
カテゴリー:その他かきくけこ行の女優


女子校生とのフェチプレイにこだわったシリーズ。甘酸っぱい制服ミニスカ絶対領域は最高です。そんな河南実里ちゃんの太腿やパンティに男根をシコシコ擦り付ける。憧れの制服少女たちに貴方の白い欲望をぶつけてギュッと抱きしめてください。

ポニーテールのブルマ女子は健康的でさわやかです。

優しくフェラしたり、足コキで挟んで射精させます。


保健室で寝ている河南実里ちゃんに男根を擦り付ける男子生徒。

目を覚ました彼女に誘われるままエッチな展開へ。

女子校生のスカートの中に頭を突っ込む至極のプレイ。

制服は脱がさずに激しく性交。

図書室で男を誘惑する河南実里ちゃん。

黒いニーソックスに男根を挟んでシコシコしちゃう。

男心をくすぐるフェチプレイに興奮必至。

お尻と太腿の肉付の良い彼女にはうってつけの素股プレイだろう。


太腿やパンティに大量にぶちまけてしまう。

最後は放課後の教室で3P、ハメどりまでの流れ。

 


絶対領域 愛しのニーハイ女子校生 河南実里

(FANZA動画配信)

●女優名:河南実里
●身長:159cm B86 W59 H89
●趣味:ショッピング

評価・レビュー

 
人気アイドル女優の河南実里が、制服ニーハイソックスで学園生活エンジョイ物語です。女子校生の制服アダルトと言えば、宇宙企画やプレステージに強みがあるが、このムーディーズも負けてはいない。それぞれの各メーカに特色があり、同社ではセックスそのものじゃなく、男心・フェチ心をくすぐるような描写に強みがある。制服に対する憧れを映像化している。単純に例として制服パンチラですね。
同シリーズも単なる女子校生じゃなく、制服ニーハイフェチにこだわった映像に仕上がっている。現時点で発売されているのは2作品あるが、FANZAページのお気に入り数を見ると評価は高い。是非とも同シリーズの続編を量産してもらいたい。僕たちの妄想を叶えてくれる制服アダルトは最高です。
さて本作だが、ジャケット写真が抜群に可愛い河南実里ちゃん。インスタ映えする女の子ですね。黒髪ロング、アイドルフェイス、制服ミニスカ、そんな憧れの女子校生に対して欲望の限りのフェチプレイをぶつける。制服を着たままの女の子の手コキや足コキは当然として、彼女の太腿に男根を挟んでの素股コキが最高です。全編オール制服着衣なのはムーディーズの深いこだわりである。ただ女性と性交したいわけじゃない、制服を着た女性と性交をしたいのだ。制服を脱いだ女性にはもはや興味を見いだせないフェチな男向けの映像に仕上がっている。
個人的には彼女の直接のファンではなかったが、ただこのシリーズは制服マニアにとっては「当確」ではなかろうか。貴方の妄想の世界を具現化するアダルトビデオ。現実の世界で実行することは変態扱いされて厳しいが、その思いのたけを河南実里ちゃんの甘酸っぱい絶対領域にぶちまけてみよう。

 

 

タグ


本作のようなダークグリーンのミニスカを履いた女子校生は全国的にもポピュラーな部類でしょう。女優は癒し系の可愛さを持つ「きみの歩美」ちゃんです。ゆるい笑顔が萌えますね。そんな彼女が制服を着衣のままで男根のいじり回して玉舐めする卑猥なマニアックプレイが盛り沢山です。

パンツの上から男根をしごいて、そのまま中で恥ずかしい射精させてしまう。


お次は制服を変えて登場します。

足コキを加えたり、電マを用いて男をシコシコ絶頂に導きます。

3シーン目はベッドの上、ここからが本番だ。

この下から舐め上げる玉舐め・竿舐めが激アツ!

女性が下から見上げてフェラ、男は立ったまま見下ろすから征服感がある。

いちおうハメどりまでだが、作品の趣旨からいうと興味なし。

4シーン目は保健室で体育服ブルマ。


玉舐め・竿舐め描写が豊富に盛り込まれている。

エグイ角度だから興奮するんです。

ここもハメどりまで。


最後はアニメ風セーラーコス。萌え系の彼女には良く似合うだろう。

一応リフレなのでエッチの主導権は女性にある。

最後は素っ裸にしてハメどりでフィニッシュ。

 


女子校生睾丸リフレ きみの歩美

(DMM動画配信)

●女優名:きみと歩実
●身長:149cm B80 W58 H82
●出身地:千葉県

評価・レビュー

 

フェラというエロ行為にハマった時期もあるが、さらに極めようと行きつく先は征服感の有るイラマチオ、そして玉舐め、竿舐めというジャンルまで進出してしまう。ここ最近は必死こいて玉舐め作品ばかりを探している自分がいる。男が真っ直ぐに立って下を見下ろすと、女性が跪いて下から男根を丁寧に舐め上げる姿に、男の征服感・支配欲を達成された気分にさせてくれる至高のエロプレイ。それが竿舐めフェラチオという行為ではなかろうか。男女平等が世間で叫ばれる中で、男と女の格差社会を感じさせてくれる絶対的な画になるプレイだと思うんです。

特に珍しい行為でもなく、普通にどんなアダルト作品の中にあるプレイ。とりわけフェラの前戯的に行われるワンプレイが竿舐めだったりする。今まで当たり前すぎて気にもしなかったが、この行為の至高性が理解できるまで長い時間を要したものだ。しかし熟女たちがやる玉舐め、竿舐めフェラというのは自らのエロテクを見せつけている単なるスケベ女に過ぎない。ここで重要なのは、男の征服欲を達成できる画になる竿舐めフェラなのである。ターゲットはやはり若いギャル、そして女子校生に限るだろう。過去に見てきた中で最も理想だったのは、南梨央奈、晴海カンナちゃんのプレイだった。西宮このみのデビュー作も見逃せない…。このジャンルにはマニアックなプレイを得意とするOFFICE K’Sあたりが専門的に取り組んでリリースしているが、まだ作品の絶対数が足らない。そして俺は全てチェック済みで必要なものは購入している。他の競合他社もドシドシ参入して欲しい分野なのです。

さて本作は美女が揃うエスワン制作である。女優名は「きみと歩実」という制服が似合う女の子。そう、俺が理想とするような玉舐め、竿舐めをさせたい激カワ女子校生である。ジャケット写真を見たら期待は膨らんだが、評価は甘めで星4といったところか…。作品のプレイ自体は自分は見たかったシーンが豊富に盛り込まれてある。ただ微妙なのが、タイトルにある「リフレ」通りの展開であることだ。これはこれでOKだと思う。俺が見たかった玉舐め、竿舐めフェラのプレそのもので体位や角度も申し分ない。だがリフレとは女性が積極的に行う風俗行為であり、エッチの主導権は彼女に握られている。これでは男の征服感や支配欲は達成することは出来ない。

気持ちの乗り方がちょいと違うんですよね。カワイイ女子校生きみと歩実ちゃんの丁寧なおもてなしリフレなのです。さらに彼女の笑顔が萌えてしまい、胸がキュンと高鳴るけど、その分だけエロスが薄れてしまっている。まあ今回は風俗プレイだから仕方がないが、理想的には玉舐め、竿舐めフェラには笑顔はいらない、女性の初々しさが見たいんですよね。

 

 

タグ

京野ななか
童顔な女子校生のジャケット写真。でも実映像ではどう見ても肉食系女子のルックス。女優の名は京野ななか、最近はいくつか改名して「早坂かな」がよく使われている様子。冒頭いきなりバスローブ姿で登場して小悪魔スマイルでオジさんをエッチしようと誘惑する。

ルックスも可愛く、体つきもむっちり大人です。フェラ抜きまで。


制服ミニスカに着替えてバイブ責め。ポニーテールが萌え。


さらに制服を替えてハメどりへ。

ブラウスやソックスそしてパンティが白色。ミニスカの濃い色合いとの対照が絶妙。


あとは着衣のままハメ倒すのみ。色々体位を替えてがんがん突きまくる。

まずは抜き場とするに十分だろう。制服の質が良くかなり色っぽくて匂い立つ。


2回戦は画面が明るくなる、制服を再度チェンジして登場する京野ななか。


このカラミも制服着衣にこだわっている。しかしこの制服の色はどうしても安っぽく見えてしまう。たぶん誰が着ても似合わない。

だけど純白の下着は清楚感があって好感が持てますね。

 


INSTANT LOVE 34

(DMM動画配信)

●女優名:京野ななか(早坂かな)
●身長:158cm B86 W60 H87
●出身地:東京都

評価・レビュー

 
ジャケット写真とは印象が違うが、それでも可愛い美少女であることは間違いない京野ななかちゃんです。俺的にはお気に入りの女子校生だ。この子は企画系やオムニバス作品での出演が多い。その中でちょっと目立つので注目していた女の子だ。だが単体で登場しても人気を獲得できないB級のAV女優ということかもしれない。しかし女子校生制服作品の場合はアイドル系A級ルックスよりB級ルックスの方が本物の素人のようなリアル感があって、より生々しく妄想も引き立つというものだ。そう、つまり制服姿が自然なのだ。放課後の街で見かける女子校生そのものなのだ。

さて本作はクリスタル映像のJKシリーズ「INSTANT LOVE」ハメどりは制服着衣で2回、他に単体フェラシーンなどもあるが結構単純な構成だ。ホテルに入るとノリノリになる彼女。ガンガン突かれて可愛い顔を精液で汚す京野ななかちゃん。見どころは一回戦のカラミの方だ。似たような内容なのだが、制服の質というものが大きく物を言ったりする。後半のカラミは着衣行為云々言う前に、その制服の質がどうもよろしくない。

つまり最初から制服グラビア自体がイケてないのだ。自分が着衣行為にこだわるのは、せっかく萌えた制服シーンだからこそ脱がせたくなと思うわけであって、こうも最初から制服そのものに萌えなかった場合は、その後のカラミに何の魅力も感じない。抜くなら断然前半のカラミだろう。

 

 

タグ