カテゴリー:一之瀬すず
ホームPage 1 / 11


最初はオーロラ特有の展開。少女を仕込み自分のものに調教していくような流れ。イラマチオシーンや、舐めあげフェラなどマニア好みのディープな映像から入る。


女優の一之瀬すずのルックスはまだあどけなく、体つきもスレンダーというより、ただの小娘っぽい華奢な女の子。

素材は良いが、この薄暗い中で繰り広げられる展開は好き嫌い割れるだろう。

良い言い方をするならエッチの生々しさは伝わってくる。


こんな赤外線カメラいらんし…。



後半は待望の制服を着てのカラミ。映像も明るくなる。

むしろ前半の部分はいらない、この後半の制服パンチラが見所だ。

オーロラ作品のJK制服少女はいやらしさが匂い立ってくる特徴がある。


犯すように制服少女を突き込んで最後は口射でフィニッシュ。

 


no title ~すず~「この透明感… 彼女をどう表現して良いかわかりません…。」

(DMM動画配信)

●女優名:一之瀬すず
●身長:149cm B73 W56 H82
●出身地:秋田県

評価・レビュー

 
最近巷でよく見かける一之瀬すず 。素材的には幼めの華奢な少女だ。女子校生というより、女学生という言葉の方が似合いそうだ。細めの体の方が制服少女としては最適だろう。そんなわけで、どれを視聴しようか迷ったが、まずはデビュー作から見てみることにした。

本作はDMMレビューでお気に入り数も多く、評価も高かった。だが俺的な評価は星2か3といったところだろう。まず一之瀬すず という女優の素材に問題は無い。制服姿からはすぐにJK制服少女の甘酸っぱい香りが匂い立ってきた。少女としての色気が十分だ。ただしそれは後半の制服でのカラミ部分である。オーロラ作品は制服の匂いがしてくる秀逸な作品も多いのが特徴で俺も好きだ。

だが最初の前半部分はイケていない。これまたオーロラ作品の特徴で、少女を調教し征服し自分の物へとしてしまうという部分がどの作品にも含まれているものだ。これが好きな人も多いだろうが、俺にとって少し微妙すぎる。自分の好きなJK制服少女では、そういった場面はなかなか良く映るのだが、本作のように制服でもなく、ただキャミソール一枚の少女では幼さもぐっと倍増する。これがマニアの心をくすぐるかもしれないが、俺的には何かいけないことをしている気がしてならない。

よくテレビニュースに出る監禁少女事件、あれを思い出してしまうのだ。そういった趣味のない俺には、どうも受け入れがたい。罪悪感が支配してしまってはアソコは立たない。でも、これが制服JKであれば、ホテルでの援助的なものとみえてお互いの合意の元に許されるような正当感が見出される。その違いであろう。とにかく素材は申し分ないのだ、あとは自分に合った作風の問題だろう。

 

 

カテゴリー
タグ


同シリーズにおいてジャケット写真が一番ソソるのは本作だろう。王道なセーラー服と長い髪の美少女。昭和時代から受け継がれてきた伝統の憧れの女子校生姿だ。

出演の女優は一之瀬すず。華奢な体が少女として匂い立つ。


画像は若干暗い制服も黒い冬服。これでは小さな体の一之瀬すずが埋もれてしまう。


すごく細い腰、角度も良い立ちバックシーン。

しかし、やはりこの制服は色香に欠ける。最後はお顔にぶっかけた。

ステージ2、シャワーを浴びて、バイブ、パイズリ、素股コキ、フェラ。


ステージ3、スクール水着。入念にルーズソックスも履かせる。


水着の脇からブチ込んだ。スクール水着は体のラインがキレイに見えて美しい。



全裸にしてベッドの上、足元には懐かしのルーズソックス。ガンガン突きまくって最後はお尻にぶっかけた。

 


制服少女クラブ #03

(DMM動画配信ページ)

●女優名:一之瀬すず
●身長:149cm B73 W56 H82
●出身地:秋田県

評価・レビュー

 
プレステージの女子校生作品の新シリーズ。なんか久しぶり。同メーカーは2008年頃は、素人JK制服作品をたくさん送り出したのだが、それから方向性を修正したようで、今ではお姉さん系の美女を主体としている。そしてかなりの人気を得ているようだ。そして、そのことは他のメーカー各社も同じようで、今では巨乳系のお姉さんが全盛期のようだ。つまり消費者の需要が多いのだろうか?それとも何やら法律の規制で女子校生物の作品の取り扱いが難しくなってきたからだろうか。よくは分からないが、女子校生マニアたちにとっては肩身が狭い時代となったものだ。

さて本作だ、同シリーズの一覧を見渡してジャケット写真が目に付いたのがコレだ。お気に入り数も多く、たぶんみんなも俺と同じ考えなんじゃないかな。長いストレートの黒髪、スレンダーな身体の制服少女。JKマニアならば、小手先の色香ではなく、ド真っ直ぐな女子校生を選ぶはずだ。ルックス以前に全体のぱっとした見た目が大切なのだ。

よく見てみると、この子はオーロラ作品にも出演していた一之瀬すずに間違いない。制服少女として人気がある彼女だが、本作の俺的評価では2か3が妥当だろう。ぱっと見た目のジャケット写真のセーラー服姿が良かったように思えたが、実際に映像で見ると黒のセーラー服の印象が重すぎてしまう。細く華奢な体の一之瀬すずは、衣服に負けてしまっている。制服着衣で突き込むシーンは大好きだが、これでは味わいが薄いものだ。

素材は悪くない、華奢な体はスクール水着も良く似合う。しかし水着シーンもつまらないバイブに邪魔をされ、さっさと脱がせて全裸でのハメどりに突入してしまう。よって見どころは薄い。制服の厚さは季節的なものもあるかもしれないが、やはり女子校生の色香を強く感じるのは夏服だと相場は決まっている。メーカー側は視聴者を意識した制服の選択を忘れてはならないと思う。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11