ホームPage 1 / 11


清楚な正統派のセーラー服姿の美少女が2人、ムーディーズ学園痴女部の新入生・石川流花、AV業界では大先輩のつぼみさんから、エッチの事、経験やスキルなどについての教えを受ける。

まずは、つぼみ先輩から男を責める手本を見せてもらう。真剣な眼差しの石川流花。

先輩の指導の下、彼女も実際に体験してみる。


しかしこのセーラー服は色合いが最高ですね。清楚に匂い立っている。

手コキやベロキスの仕方などを、つぼみ先輩と一緒に実演で学ぶ。

スクール水着プレイ。

ウブで慣れない石川流花、照れながらフェラや手コキを実地練習中。

体育服に濃紺のブルマ、むちむち太腿を見るだけで興奮できますね。

最後は運動着(ブルマ)で身軽になって、いよいよハメどり本番です。

真剣な眼差しで先輩を見つめる。

つぼみ先輩は熱くなって自らのエッチに夢中です。


男性の上になって一生懸命に腰を振る石川流花。

はい、上手に出来ました。ゴムを外して終了です。お疲れ様でした。

 


石川流花が痴女部に入部!

(DMM動画配信)

●女優名:石川流花、つぼみ
●身長:157cm B85 W63 H90
●メーカー:ムーディーズ
●収録時間:168分

評価・レビュー

 
どんな作品かと思って見たら、かなり面白い。AV女優の大先輩に、ほぼ素人同然の新人女優の石川流花がエッチを教えて貰うというもの。現実リアルでは女性ってマグロが普通ですよね。実際にAV女優のエッチスキルを目の当たりにして真剣な表情で見つめるウブっ子の石川流花。ドキドキ緊張してします。

主役はタイトルからして彼女なのだが、指導をする=エッチを見せる役になる つぼみ先輩が全面にばかり出ています。しかし、視聴者的に視線が行くのはやっぱり石川流花ちゃんになってしまう。それは清純なウブっ娘っぽくて、とても新鮮。風俗で新人を指名したいのと同じ心境になってしまう。オドオドした彼女が可愛らしい。ここでハメるなら、やりたいのは可憐純情な石川流花!

男の邪まな感情ばかりが先走ってしまう。ルックス的にはそこそこなのだが、男好きしそうな初々しさがある。彼女のAV作品としては2作目だが、1作目よりウブで可愛らしく思える。それを引き出したのが、経験豊富な先輩つぼみちゃんとの対比という事になるだろう。ナイス・アシストですね!

 

 

カテゴリー
タグ


主演の石川流花、長身の女の子かと思ったが身長は157cmでそんなに高くは無い。顔立ちにウブさと幼さが残る まだあどけない少女のように見える。


このカジュアルな衣装は可愛らしく、俺なら視線を送り見惚れてしまう。

怪しいオジサンに駅までの道を尋ねられ車に乗って案内することになる。

少女のミニスカ・太ももが美味しそう…。

オジサンは駅へは向かわず、倉庫へ連れ込んだ。


嫌がる少女を押さえつけて無理やりブチ込むオジサン。

最後は中出し。少女は嫌がるが、かまわずフィニッシュ。


家で落ち込んでいる石川流花。

さらにネットに流失して、それを知った彼氏が腹を立てる。


彼氏と彼氏の仲間にやられる石川流花。

後半は、女目線で見れば彼氏にも裏切られて悲惨であり、視聴者の同情を誘い、あまり興奮できないかもしれない。

 


キチクリンカン105

(DMM動画配信)

●女優名:石川流花
●身長:157cm B85 W63 H90
●メーカー:アタッカーズ
●収録時間:80分

評価・レビュー

 
アタッカーズの鬼畜輪姦シリーズは、ずいぶんと古くから続く人気シリーズのようだ。俺も好きでよく見てきたが、実際に満足できるような作品は未だに少ない。このレイプものというのは、ある意味ドラマであり、ストーリーというか展開やシーンが大切だったりするからだろう。俺的には女子校生をヤルというのは興奮できるのだが、問題はその展開がどうかということだろう。

例えばあまりギャーギャー泣き叫ぶものは俺的には見ていて気持ちよくない。せめてなし崩し的なものがいい。それから男性視点で物事を見ることも重要だ。これが 女性視点からとなると、あまりに悲しすぎる展開だと同情を誘い、ドラマすぎて視聴者はしんみりしてしまう。

以上のように、見方によってさまざまな議論の余地がある。例えば本作だが、前半のレイプシーンは強姦の男性視点からであり、視聴者は興奮できると思う。ごく普通のレイプ作品のワンシーンといったところだ。だが後半では、そのシーンがネットで流出して彼氏の男に裏切られてしまう。そして彼と彼の仲間にやられる展開だ。
被害者女性本人からの目線で捉えられてあり、強姦にやられ、ネットに流失し、そして彼氏にも裏切られる…。こうなってくると視聴者は同情してしまい、とても興奮できる余地はないのだ。そんなわけで本作は、前半こそ普通に良いが、後半は彼女に同情してしまい、とても「抜ける」展開とはならない。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11