カテゴリー:藤井あいさ
ホームPage 1 / 11

Can College 藤井あいさ
車内でスタッフと楽しそうにおしゃべりをする藤井あいさ。清楚な衣装も素敵です。顔立ちがくっきりした美人女優で、艶やかな黒くて長い髪も魅力ですね。

スパ・リゾートとでも言うのかな、プールやお店がいっぱいある施設。しかし水着姿でゲームセンター入場OKなのか?


ほんと美人さんだなあ、藤井あいさ。光を放っているようだ。

お食事後、最初のカラミへ。



最後は正常位で突き込んで顔射でフィニッシュした。


ステージ2、お部屋でフェラ抜き。衣装が色っぽいです。


ステージ3、女子校生制服姿にお着替えしてハメどり。

前半に女子大生としてのイイ女ぶりを発揮しているので、その印象は崩れずここではコスプレエッチ、JKバージョンを楽しんだという感じだ。

ブラジャー残してるならパンティも足元に掛けておいてほしい。

最後は口元にぶっかけてフィニッシュした。

 


NEW Can College 01 藤井あいさ

(DMM動画配信)

●女優名:藤井あいさ
●身長:160cm B83 W57 H85
●出身地:大阪府

評価・レビュー

 
女子大生ギャル藤井あいさのルックスは、激カワというか激美人さんであると思う。長くて艶やかな黒髪、そしてぱっちりと大きく力強い目元、顔立ちのくっきりとした美人さんである。しかしこの手の美人さんは、好みが分かれる事も多い。目力がある美人さんとは、いわゆる肉食系女子という印象だからだ。清楚な大人しめの美人さんとはまったく雰囲気が違ってくる。

またビデオ作品で考えるならば、清楚系は「静かな匂い立つ魅力」なのに対し、肉食系は「迫りくる生々しいエッチなお色気の魅力」とでもいえよう。前者が妄想を引き立てるエロスなのに対して、後者は映像そのものに生々しいエロスがある。視聴者としてはその日の気分によって使い分けたい。もっとも作風次第で、女優さんの印象などはガラッと変わってしまうものだ。

さて本作は女子大生物の「Can College 」だが、後半にJK制服シーンが盛り込まれているのでチョイスしてみた。もちろん制服着衣行為である。とはいえ、前半からのストーリーの繋がりで、本人には女子校生であるという背景は無く、エッチのときにコスプレを身に付けたに過ぎない印象だ。あくまで女子大生のイイ女に、エッチの最中にコスプレさせて楽しん だ、という見方が妥当だろう。勿論それで十分だ。それまでのストーリー背景に彼女のイイ女ぶりを十分に発揮しており、後半の展開は何でも良かったのかもしれない。

 

 

カテゴリー
タグ

青春スクール藤井あいさ
明るい日差しの中、校庭で談笑する女子校生たち。その中でも一際、輝いて見えるのが出演する藤井あいさ。ストレートロングの艶やかな黒髪美少女だ。

教室で頭をぶつけた藤井あいさ。そのままエッチな展開へ。

下着の質感・色合いも清楚で、エッチな匂いが立ち込めています。

制服は着衣のままハメどり、だがここで抜くには不十分過ぎる。


音楽室でクラリネットの練習をする彼女。フェラ抜き。


保健室で体操服。この紺のジャージ姿で新鮮でソソりますね。

紺のジャージと純白のパンツ・ソックスの絶妙なコントラストを描く。

足元にパンツを掛けたまま正常位で突き込み顔射でフィニッシュ。


昼休みに屋上で昼食をとる女生徒たち。

階段の踊り場で小悪魔チックにフェラ抜き。

薄暗い更衣室で制服でのハメどり。


ロッカーに手を突かせ、スカートを捲って立ちバックでがんがん突き込む。そして最後は顔射にでフィニッシュ。美女には顔射でぶっかけろ。

 


青春スクールメモリーズ 第4期

(DMM動画配信)

●女優名:藤井あいさ
●身長:160cm B83 W57 H85
●出身地:大阪府

評価・レビュー

 
女子校生の藤井あいさ、単体としてこの青春スクールメモリーに出演する事はプレステージからの期待の高さを表している。目元がくっきりした美人女優さんで制服を着せれば、まさに激カワな女子校生が出来上がってしまう。黒髪が長く艶やかで正統派の美少女だ。ここから始まる学園ラブストーリー。本作の流れはいつも通り、

1、冒頭のイメージ新の後、教室で制服でのハメどり。
2、音楽室で笛を吹くイメージのあと、フェラ抜き。
3、保健室でジャージ・ブルマ姿でのハメどり。
4、屋上で女生徒たちと昼食をとり、階段の踊り場でフェラ。
5、薄暗い更衣室で彼氏との制服でのハメどり。

見所は保健室・体操服ブルマのシーンだ。ブルマ姿に紺のジャージを羽織っている。通常であれば、赤ジャージが定番なのだ。紺色を用いた作品は俺の記憶では、全然思い出せない。すごく新鮮味がある。そしてブルマを捲れば白いパンツが浮かび上がり色も鮮やかで女子校生が匂い立っている。この甘酸っぱい匂いがたまらない。

制服でのカラミは前後半2回あるが、後半の薄暗い場面の方が面白いだろう。照度を落としたせいか、女体が妙に艶めかしく光って見える。この色香こそが女子校生作品として最も大切な事であり、妄想も引き立つというものだ。絶え間なく降り注ぐ愛の名を白い液で汚したい。そんな青春ときめきメモリアル。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11