カテゴリー:長谷川しずく
ホームPage 1 / 11


名義は伏せてあるが女優は長谷川しずく、ルックスはそこそこだが逆に普通っぽいどこにでもいそうな女子校生でリアル感がある。今ドキなメイクをした街でよく見かける女の子という感じがする。

まずはフェラ単体シーン。お目目がぱっちりお化粧もばっちりだ!

ベッドへ移動して制服姿のままハメどりの流れ。

女子校生の純白パンティーに手を伸ばす瞬間が卑猥に見える。

女性の上に乗っかって、まるで山頂征服したかのようなフェラシーン。

白いパンツをズリ下げてバックから女子校生にブチ込んだ。GOOD!

女性騎乗では白いパンツの脇からねじ込んだ。GOOD!

正常位でもパンツは脱がさず白ぴパンツが左右に伸びきった。GOOD!素晴らしいハメどりシーンだ。女子校生着衣行為とはこうありたい。抜いてヨシ!

シーン2、体操服ブルマでバイブ責め。部屋が薄暗くて見えにくい。


シーン3、ラクロス衣装で3Pハメどり。



前半は着衣のままハメどり後半は上半身を脱がせる。やはり計算された演出だろう。

視聴者のマニアックな心をくすぐる、こだわりのハメどり描写が素晴らしい。作品の人気は女優に比例するだろうが制作側が入念に細部までこだわったことが嬉しい。

 


東京中出し女子校生 32

(DMM動画配信)

●女優名:長谷川しずく
●身長:153cm B85 W58 H86
●メーカー:S級素人
●収録時間:110分

評価・レビュー

 
小柄でキュートな女子校生の長谷川しずく。ルックスは可愛らしいというか、まあそこそこ。何処にでもいる女の子という感じだろう。ギャル系のお化粧によって可愛く見えてしまう。綺麗に見せるためのお化粧だからそれでいい。つまり平凡な女の子でそれほど美形ではない。しかしその分だけ、リアル感には充実している。きっと明日街を歩けば、似たような雰囲気の女子校生に会えるだろう。その子を相手にエッチするという身勝手な妄想をAVの世界で楽しめる方がよっぽど興奮できるかもしれない。

そもそもAVで制服女子校生を楽しむマニアは、女優そのものの魅力より、制服を着た若いぴちぴちな女の子であることに興奮を覚える。本物っぽい女子校生の雰囲気こそが大切なのだ。だからある意味そこそこルックスの方が現実味を帯びていて楽しめる。素人作品が人気な理由はそこにあるだろう。アイドル女優じゃ生の妄想は引き出せないのだ。

さて本作、JK制服でのハメどり、体操服ブルマでバイブ、ラクロス衣装で3Pハメどりという内容だ。見所は意外と多い。脱がさないからイメージ的なグラビアもイケている。そのままミニスカだけを捲り上げてハメ込む。着衣派には美味しいシーンが豊富で、特にバック突きならともかく、正常位でも両足にパンツを掛けたままハメどりしている。もちろん女優にとっては窮屈な姿勢で、パンツのため両足は広げることが出来ない。左右に伸びきった白いパンツが卑猥だ。ここまで着衣にこだわることも珍しい。これは嬉しい誤算だ。素敵すぎる。改めてよく観察してみると…、

バック態勢ではパンツをズリ下げブチ込んでいる。
騎乗位ではパンツの脇からねじ込んでいる。
正常位でも両足にパンツをハメたまま…。

これ凄いぞ!最初から計算され尽くした撮影なのか?着衣大好き派にとって、まさに最高のハメどりシーンではあるまいか。S級素人の作品だが、監督のこだわりが素晴らしすぎる。だが監督の名義の記載がなかった。

 

 

カテゴリー
タグ

裏原宿ギャル長谷川しずく
裏原宿ファッションに身とまとったギャルの長谷川しずく。裏とは何なのかエッチな匂いがするだけで疑念が残る。まあ言葉の意味は分からんが、とにかくすごい自信だ、オシャレで可愛いと思う。

元気いっぱいな若さ弾ける少女。このイメージこそが視聴者の妄想を引き立てる。

最初は踊り場で少しだけのフェラ、あまり意味は無い。

続いてお部屋に移動してのフェラシーン。


制服のチェンジ。この明るい色のミニスカは若い子に良く似合いますね。

まずは手コキや足コキで発射させてしまう。

続いてハメどり、立ちバックで突きまくりながら場所をあっちこっち移動する。


やっている最中に尿意を催しトイレへ駆け込んだ長谷川しずく。

最後は口射でフィニッシュ。

カラフルな水着姿もキュートですね。まさに若者の特権。

お互いに見せ合ってオナシーン。

最後のカラミ、衣装は冒頭の裏原宿物。

男優の顔を隠すモザイクがわずらわしい。それなら別の男優使ってくれよー。

この体制のままフィニッシュまで、口を手でふさぐのは彼女のクセかな。

 


裏原style 長谷川しずく

(DMM動画配信)

●女優名:長谷川しずく
●身長:153cm B85 W58 H86
●メーカー:kawaii
●収録時間:116分

評価・レビュー

 
DMMの所見では、渋谷とは一味違う裏原宿のおしゃれガールという文字があるが、その渋谷と原宿のファッションの違いってあるのだろうか。例えば渋谷の女の子が原宿の街を歩いていると、「あの子は渋谷の子だね」とか分かるのだろうか。さらに裏原宿という言葉だ。これまた表と裏の原宿ファッションの違いが分からない。原宿出身者なら、その表裏の違いは分かるのだろうか、まら裏とは夜の街とでも解釈すべきなのか、謎が謎を呼び、地方住まいの俺にとっては未知の領域だ。

さて長谷川しずく、本作のジャケット写真はひと際かわいい。彼女の名は知らなかったが、この写真ならばJKマニア達にとっては目が離せないはずだ。その他の彼女のいくつかの作品にも目を通したが、やはり気を引くのはこのジャケット写真。そんなわけで見てみると、まずルックスはほどほど。それよりもファッションスタイルのほうが気を引いてしまう。タイトル通りだ。冒頭のいくつかのイメージシーン、元気いっぱいの弾けるような長谷川しずくの笑顔が貯まらない。まさに激カワな美少女だろう。スレンダーなスタイルとその笑顔、長い髪がキュートで愛らしい。まさに10代の女の子といったところだろう。掴みはOK。

エッチシーンにおいては、制服の質も可愛らしく着衣行為であるが、映像的にはそこまで興奮できるとは思えない。しかしこれはこれで良いと思う。本作はむしろ長谷川しずくのキュートなファッションセンスで視聴者の妄想を引き立て、そこから抜くという作業に繋げたい。グラビアイメージで抜くという作業というわけだ。

wiki調べで、裏原宿(うらはらじゅく)、通称裏原(ウラハラ)とは、東京都渋谷区神宮前から同区千駄ヶ谷までの服飾洋品店が集まっている一帯で、特に「原宿通り」や「渋谷川遊歩道(通称キャットストリート)」を指す。

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11