カテゴリー:青空ソフト
ホームPage 1 / 11

青空ソフト上原亜衣
青空ソフトで一番の人気を誇る家庭教師レイプ物語、超有名女優を配置してファンの注目度は高い。しかし先に言っておくが今回は不出来だと思う。だって素人らしさが皆無であるから。

1人目は上原亜衣、白い衣装は清楚感もあり素敵です。欲情した男子生徒に力任せに押し倒されてしまう。

今回は押し倒したらすかさずハメてしまう。


先にハメてしまい大人しくさせたところで、じっくりと楽しむように料理する。

画になるようなシーンは多い。しかし上原亜衣が泣き叫ぶ姿って意外と似合わない。そもそも同級生くらいに感じ取れて憧れの女子大生とはイメージが合わない。


2人目の浜崎真緒、これぞ憧れの素敵な女子大生のお姉さんという感じです。


やはり押し倒して一気にハメてしまう展開。

自分とは縁が遠い存在の女子大生お姉さんだからこそ興奮する。

イイ女を無理やり犯している感があるバック突き、抜けるシーンだ!


3人目は大槻ひびき、この背景や女性の衣装はどこかで見たことありませんか?

大槻ひびき先生のエッチな家庭教師~みたいなAV作品の背景ですよこれは。

これは青空ソフトのレイプ作品とは思えない。

大槻ひびきさんが、いつものように男子生徒に個人レッスンしました。

 


現役女子大生の家庭教師を親がいない時に自宅で中出しレイプ盗撮

(DMM動画配信)

●女優名:上原亜衣、浜崎真緒、大槻ひびき
●メーカー:青空ソフト
●収録時間:117分

評価・レビュー

 
青空ソフトの中で一番の人気を誇る動画作品で家庭教師レイプシリーズの第三弾。すでに当ブログでも紹介しているが、綾瀬れんが出演した同シリーズ初作は自分の中でも高評価だった。青空ソフトはこの手のリアルで生々しいレイプ作品でファンの人気を得ている。本作は女優に、上原亜衣や大槻ひびき、という豪華メンバーを起用しており人気が高いのも頷ける。青空ソフトのファンのみならず、人気女優のファンも集まっているからね。これは当然買いだろう。しかし俺が見るところ、すごくダメだ(汗)良かったのは2人目の浜崎真緒のみ。評価星3だね。

まず男子生徒の立場からして女子大生の家庭教師にどういうイメージを妄想するだろうか。素敵なお姉さん、お洒落なイメージ、俺が例えるなら清楚感ある「鈴村あいり」などが理想的だ。おそらく男子の誰もが同じような理想像を描くに違いない。

そんな中で上原亜衣、アイドルAV女優として絶大な人気を誇る彼女が家庭教師しているのはピンとこない。ルックスは可愛い、しかし女子大生のお姉さんというより、やっぱり同級生の人気アイドルなんだよね。アイドルへの憧れであって、素敵な女子大生お姉さんとしての憧れのイメージが全く沸かない。エッチシーン自体は良好。カメラアングルも抜群で画になる場面が多い。しかし俺にはどうしても憧れの女子大生のイメージが沸かないし、そもそも上原亜衣のヤラれ役は似合わないんだよね。

3人目の大槻ひびき、これは映像を見たとき部屋の雰囲気とかが違っていると思う。例えるなら「大槻ひびき先生のエッチな家庭教師」など単体AV作品のような部屋の明るさや衣装の派手さがある。これは青空ソフトの作品とは言い難い。他社のごく普通のAV作品に思えてしまった。思うに2人のような大女優が相手では、青空ソフトのシナリオに合わない気がしてしまう。

良かったのは2人目の浜崎真緒。自分にとってお初だったから新鮮なのだろう。そして彼女の衣装こそが清楚感あり色っぽくて理想の女子大生像ではなかろうか。自分とは違う世界に住む華やかな女子大生。そこに憧れがある。だからこそ犯して汚すことに興奮を覚えるのだ。
そんなわけで人気の割には自分にとっては、つまらない内容となってしまった今回である。そういや展開が以前とは少し違っていた、それは押し倒してからハメるのが早い!普通だったら順番があるじゃない。まずオッパイを責める、そしてフェラ、最後に挿入と。しかし今回は先にすぐハメてしまう。そして相手が大人しくなってからじっくりと料理していくような展開であった。

 

 

カテゴリー
タグ

青空ソフト綾瀬れん
むちむちで色っぽく身体がいやらしい綾瀬れんのキレイな美脚ミニスカ。見ているだけでソソられる。でも作品のタイトルからすると…そう、これからこの女を犯すのだ。このワンシーンから想像しただけで熱い興奮が期待できる。女子大生お色気お姉さん綾瀬れん。

綾瀬れんという女優を知らなかったが、こうして見ると良い感じ。

服装がセクシー、何気ないパンチラも色っぽい。女子大生とはこうありたいものだ。この上品でお洒落な女子家庭教師を犯すと妄想しただけで興奮してしまう。

性に敏感な思春期の教え子の男に押し倒されてしまう。

実際に家庭教師先のお宅とかで襲われたら抵抗したり大声上げるのに意外と抵抗あるだろうね。

でも男はもはや止まれないよね。

かなり巨乳の女子大生お姉さん。そんな事より迫真の演技なのだ。


ハメられる寸前、精一杯の抵抗をするのだが男の力には勝てず。

強引にハメられ深く突き込まれてしまう。

為されるがままだが、決して喘いだり感じたりしないのが良い演技。

嫌がり抵抗するが最後は中出しフィニッシュされてしまう。本作の評価はDMMレビューでも高い。清楚で凛とした気品がある服装。ムチムチ系女優でミニスカ姿が色っぽい犯され役での抵抗の仕方が強過ぎず、弱過ぎず,興奮を煽るに丁度良い。

2人目の家庭教師は片桐えりりか。

体つきはエッチで色っぽい。服装のセンスからOLさんっぽい感じ。

決して悪い出来では無いのだが、1人目が良すぎて印象が薄くなってしまった。


突いて突いて突きまくり、中出しを嫌がるが強引にフィニッシュ。

 


現役女子大生家庭教師レイプ盗撮せんせいこのまま膣に出すよ!

(DMM動画配信)

●女優名:綾瀬れん、片桐えりりか
●メーカー:青空ソフト
●収録時間:87分

評価・レビュー

 
綾瀬れんというAV女優のことについては俺はあまり知らない。調べるとそこそこ名の知れた女優さんみたいだ。女子校生役をやるにはすこし可愛気が少ないが、ここで登場する女子大生役としては丁度良い色気具合ではないか。美人すぎでもなく上品でリアルに現実味がある女優だ。この冒頭の私服姿がソソる。白い服装は美しく映える。ぱっと見た目だけで魅力が十分に伝わってくる。ムチムチの身体はエッチなフェロモンを放っている。この女を犯るのか…。そう考えただけで妄想がムラムラ掻き立てられてしまう。

内容は無理やりレイプもの。家庭教師役で登場して教え子の生徒に部屋でやられてしまうのだ。ただのレイプ物と違い、知り合いが相手であること、しかも家庭教師先の教え子の男子。そして訪問先の家の中。まあ、ありきたりかもしれないが、このお互いをよく知るリアルな背景こそ最高なのだ。

何故ならこの展開の場合、女性は思いっきり抵抗しない。えーちょっと待ってよーって感じになる。本気で嫌だとは思っていても、本気で抵抗するものの、大声を出すのは恥ずかしいというジレンマがある。知り合いだからだ。ただの暴漢とは訳が違う。リアルにおいてこういった状況になった場合、実際に押し倒してみればきっとこの作品のような展開となるだろうな。そう、女性家庭教師とは無理矢理でも押し込めばやれるという事だ。とはいえ、それはアダルトビデオの世界で楽しみましょう。

作品としての評価は高い。お薦めできる作品だ。ただ盗撮作品ゆえに抜きどころとしての落ち着いた場面は少ない。オムニバス形式で女優は2人、それぞれレイプのワンシーン。2人とも演技力が高く嫌がり抵抗する姿が堂に入っている。妄想を最大限に高められる本作品は最高であろう。評価星5!

 

 

カテゴリー
タグ

青空ソフト宇佐美なな
出演女優の質は高く、嫌がり泣き叫ぶ迫真の好演技が光る女子校生ストーキング押し込みレイプ動画レビュー。1人目、宇佐美なな 、帰宅時にストーカー男に目を付けられマンションの部屋に乗り込まれてしまう。


自宅で暴漢に襲われ、泣き叫ぶ制服少女・宇佐美なな。

素人風な作品だったので、まさか大物女優が登場しているとは知らなかった。そして気付かなかった。ただ演技ぶり、やられっぷりが良い女優さんとだけ感じた。

強引に男のアレをくわえ込まされれた。のど奥まで押し込まれる。

あまり泣き叫ぶと視聴する側も嫌悪感が出てくるものだが、宇佐美ななのほどよくジタバタ抵抗する感じが丁度よい。

スカートを捲り上げてバックからガンガン突きこむストーカー男。

泣き叫び嫌がるが、最後は中出しフィニッシュされてしまった。


2人目、名前は不明だがこの娘も可愛い。制服姿もよく似合いリアル感がある。


やられている表情も良かった。少女を犯しているという充実感がある。


アソコはつるっつるの少女。羞恥心で顔を両手で覆う。

3人目は人気が高いクールビューティーの美人女優、制服スレンダーあずみ恋。気高いお顔を白く汚してやりたい!

挿入されまいと必死で抵抗する女子校生。

制服姿は一番似合っている。そして色気が高いく魅力は十分だろう。

3人とも犯す+制服エッチで大興奮間違いなしだ!

 


女子校生ストーキング押し込みレイプ

(DMM動画配信)

●女優名:宇佐美なな、2人目不明、あずみ恋
●メーカー:青空ソフト
●収録時間:118分

評価・レビュー

 
青空ソフトというメーカーは後発ながら、秀逸な作品が多く一部マニアに注目されている。本作もストーカーレイプ作品として、見た者にとっては高い評価を受けた作品である。にもかかわらず、その存在が目立たない為に人目に止まらず、発売後ずいぶんしばらくしてから目にしたりする。せめて中には出さないでと哀願し恐怖に怯える少女の顔をカメラは冷徹に記録する。

本作の出演女優は3人、うち2名は名の売れた大物AV女優の宇佐美なな、あずみ恋を配置している。にも関わらず名前を伏せて、さらにメーカーもまだマイナーなので、発売後に評判になるには時間がかかったのが本作である。

さて内容的にはかなり良い。別に大物女優を使わなくても、これなら作品の作り・内容だけで高評価を得る事ができるはずだ。俺もお気に入りの作品となった。どう良いかと言うと、レイプものというと男が大声を張り上げたり女が泣き叫ぶ。これが一般的。しかし本作では男は終始しゃべらず黙々と目的を完遂していく。そして女性の演技が素晴らしく 嫌がって抵抗するそのほどほど加減が丁度良いのだ。

あまり大声で泣き叫ばれたら見ているこっちも嫌になってしまうし、視聴者も罪悪感を感じて のめり込めなくなってしまう。逆に大人しくて無抵抗なのはありえないし、つまらない。女が感じたりするのも言語道断だ。つまり、そのサジ加減が難しい。本作はそのバランスが良く視聴者にとって見やすい構成となっている。女優の演技というよりも、むしろ制作メーカー側、監督の指導が優れているのだろう。青空ソフト、おそるべし!

 

 

カテゴリー
タグ
ホームPage 1 / 11