90年代の名作品「狙われた女教師」タイトルの名称がソソりますね。女優も白石ひとみ等も大物が登場した人気シリーズだった。この田村香織も当時は人気の一角。ごく普通の庶民的な女の子ながら、逆に現実的なリアル感が興奮を引き起こすのだ。

チープなドラマなど誰も見やしないで早送りだ。要は女教師が無理やり犯されるシーンが見たいのだ。

最初は同僚の男性教師にヤラれる田村香織、しかし抵抗はほとんどない。


彼女のエッチシーンは結構ソソる。華奢な身体の両足をエビ折りにして覆いかぶさり押し込むように突く場面と、犯している感があるバック突きが見所。


次は教室でいきなり暴漢に襲われ眠らされてしまう。


モザイクがでかくてフェラは見れたものではない。

眠らされて抵抗も無く犯されていく女教師。



最後は部屋で私服姿。

女教師役は田村香織には敷居が高すぎた。庶民的なカジュアル衣装が彼女には合う。

両脚を折りたたんでガンガン突きこまれる。しかも喘ぎ声が感じてるというよりヤラれている感があるのが男を興奮させてくれる。

最後は胸射でフィニッシュがこの時代の定番。

 


狙われた女教師 4 田村香織

(DMM動画配信)

●女優名:田村香織
●身長:162cm B82 W58 H86
●趣味:カラオケ

評価・レビュー

 
懐かしのAV女優の田村香織をとり上げてみた。バブルで世の中浮かれていた90年代初期の人気女優で、当時はトップクラスの人気を誇っていた。白石ひとみ、朝岡実嶺、浅倉舞らの黄金ビッグスターが並ぶ中でよく健闘していたと思う。
彼女の魅力を語ってみよう。むろん自分目線である。アダルトビデオをみるときは、妄想目線か現実目線を用いると思う。例えば一般のアイドルを対象とすると、全く自分の生活において現実性(ヤレる)がない。上記に挙げた、白石ひとみら3人はアイドル系であり、自分にとっては高嶺の花すぎるのだ。そこを現実的にみるならば、たぶん自分は相手に対して気後れしてしまう。また、宇宙企画のかわいさとみ、小森愛といった制服系少女の場合も同様である。学生時代の恋心を抱かせる存在ではある。クラスの憧れ、自分の片思い、そんな対象だろう。しかし、これすら妄想的であり現実的にヤレない対象には違いない。そう、すべて自分が現実にエッチ出来る対象とは思えない、ヤレない女性である。だからそこAVで楽しむべき世界ではあるけどね。

そこへいくと田村香織はどうだろうか。白石ひとみというスターに憧れ、学校のクラスでは小森愛に恋をしながら、現実において自分が実際につくれる彼女、ヤレる相手、童貞を捨てる事ができる相手としては、田村香織のような庶民的な女の子じゃないだろうか。妥協というのもなんだが、自分の身の丈に合った、そこそこ可愛いほう、ブスじゃない子、この田村香織くらいの女の子と初体験を済ますのが普通ではないだろうか。
俺自身もそうだったと思う。女とやりたい、そればかりが男の頭の中にある。そして初体験を済ませれば、その後いろんなエッチ行為をしてみたくなる。バックや、騎乗などの体位を変えたり、フェラ等、その他マニアックな行為、その子を実験台として色々経験してみるものだ。すべてを試しつくす。恋とか愛じゃない。SEXとはどういうものかを知るために、楽しむために。

会えば必ずやる。何度もやる。
会ってハメない日はなかった。
一日に何度射精できるか挑戦してみた。
台所で、車の中で、外で、何処ででも。
所かまわずハメまくった。
自分が好きなだけ出してみた。
ハメたまま眠った。
全部出した、出し尽くした。

その女の事が好きだったのか、よくわかんない。ただ、覚えたてのSEXが楽しかった。若い頃、誰もがこういう経験をしたのではないだろうか。その相手が田村香織だった気がする…。

 

 

タグ