明るい顔立ちで愛嬌がありルックスは抜群の千尋ちゃん。真っ白なお肌にむっちりボディー。甘いフェイスとボディーのアンバランス感がたまらなくいやらしい。俺は妙にソソられてしまい、彼女のコアなファンになってしまった。

インタビューのあと、シャワーをしてスクール水着へ。ここはお触りまで。

甘いキュートな顔立ちをしています。


ベッドで体操服ブルマ。


体操服ブルマの千尋ちゃんは肉感たっぷりでエロティック。


見ていて飽きない、そして妄想を引き立てられる千尋ちゃんのブルマシーン

お次は制服へお着替えしてハメどりの流れ。


制服少女を征服したという感覚があるカラミです。

フィニッシュは続けて2回、顔射と中出しで。

 


じゅーだいいえで体験記 57

(アキバBV動画配信)

●女優名:千尋(森あかね)
●身長:154cm B86 W57 H84
●メーカー:プレステージ
●収録時間:112分

評価・レビュー

 
AV女優の千尋、いろんなアダルトサイトに出演していた割には知名度は低い。そもそも名前が「千尋」では、すごく覚えやすくて、すごく忘れ去られやすい。また名前が他の人とダブる場合も多いだろう。これは自分の推測だが、おそらく最初は素人系の動画サイトで活躍をしていた。そういったサイトでは、それこそ「みゆき」とか「あい」とか、女優名はHNのような一言で済ます場合が多い。本当の素人で一作品だけ出演したという場合はこれで十分だからだ。

もし本気でAV女優として生業を立てていくなら、女優としてファンを獲得するために名前を売っていく必要があるが、そうでなければ必要はない。AV女優千尋ちゃんの出発点は、このような経緯じゃないかと俺は勝手に推測している。そしていざ女優業を始めてみると名前に愛着が出て後で変えにくくなるものだ。ファンとしても改名されても、以前の名前で呼んでしまいますよね。結局、そのことが関係あってかメーカー契約の都合上か、名前を「森あかね」に改名している。

さて千尋ちゃんメジャーな作品への出演が少なく、いまいちぱっとしなかったが、彼女のルックスは激カワだと思う。美人系ではないが愛嬌があって可愛らしい。俺はぱっと見た目でファンになってしまった。そもそも個人的好みの可憐でスレンダーな愛おしい女子校生像から外れているにも関わらず、彼女のファンになった自分がいる。このぽっちゃりしたボディーと甘い顔立ちのアンバランス感がグレイトにソソられる。ロリキュートとでも言うべきか。出演の場が多ければ、もっと多くのファンを獲得できたかもしれない。

本作でも出演者名は伏せられておりファンであっても追いにくい。内容は女子校生作品として、制服、ブルマ、スクール水着シーンが出てくる。ただ制服の色合いが非常に重く苦しく感じられるのが残念だ。女子校生は夏服のブラウス姿に限る。だが見どころは制服でのカラミっではなく、ブルマ姿でのフェラシーンではなかろうか。彼女のむっちりボディーが甘酸っぱい臭いをプンプン放っている。妄想も引き立ち興奮できるというものだ。そこにいやらしさが充満している。そもそもAV女優・千尋ちゃんの魅力は、映像としてのハメどり行為を見て楽しむのではなく、視聴者にエッチな事を妄想させてしまう、それを楽しむことにあると思う。彼女を思い浮かべてあんな事やこんな事(謎

 

 

タグ