• 小森愛

80年代最強のグラビアアイドル、そしてAV女優となった小森愛を語ると、ただならぬ思いが自分にはある、それは青春の歴史だ。女子校生、制服着衣行為マニア的な作品ではないが、その原点たる思いがここにあるかもしれない。長くなるが順を追ってみていこう。


愛が降ってきたよ

80年代後期において最強のAV女優の小森愛。その活躍はグラビア・エロ本雑誌においてもっとも目立っていた。何度も巻頭カラーで登場し、一躍トップスターに上り詰める時代の寵児。若き青春時代にエロ本でお世話にたった男の子はかなり多い。「デラベッピン」という雑誌が人気があったように思う。
学生服を着た男の子が、恋をしてラブレターを出すような対象。可愛らしい女の子、彼女にしたい女の子として、クラスのマドンナ的存在ではなかろうか。体を目的なエロさではないが、家に帰って妄想にふけり、シコシコする対象になる憧れの女の子。

 


Hallelujah

そんな小森愛、俺もずっとエロ本で追いかけていたのだが、まあおっぱいを出すんなら、いずれ必ずアダルトビデオにも出演することは必定。しかしビデオ作品においても、カラミ無しのイメージ作品ばかりをずっと出している。それでの場悪初的に売れる超人気ぶり。この子に恋をした若い男の子が多いのだろう。とはいえ、やはり見てみたい小森愛のエッチシーン。熱い思いがこみ上げてくる。ましてや我々はクラスの同級生ではなくてただの視聴者に過ぎないのだから…。

 


廊下は静かに

じらしにじらして、やっと出した小森愛のエッチビデオ。当然ながらよく売れたようだ。俺もワクワクしながらビデオ屋さんから借りてきた当時。レンタル中の札ばかりで、なかなか借りれなかったけどね。

内容的には、学校内でクラスのマドンナに男が襲いかかるような作品だ。まるで俺がいま語った思いを、そのまま具現化したみたいである。彼女が体育の時間、ブルマを取りだすと、それに白い液がかけられていた場面など青春そのものではないか。視聴者側としても、いままでエロ本とイメージビデオでさんざん妄想を膨らませた憧れの彼女、小森愛に襲いかかるものだから興奮は大きい。この作品って、すべてのファンの気持ちを代弁して作られてると思う。
「やっちまえ~~~!」もう男の欲望が爆発しそうだった。この美少女を滅茶苦茶にしてやりたい。制服を白く汚してやりたい!

ただ、この作品には一つ残念な部分がある。それは、彼女が髪型をショートカットに変えたことだ。何かずいぶんとイメージが変わってさ、いままでの思い入れが吹き飛んで、まるで別の女性にみえたってことだ。出来ることならロングヘアーの美少女・小森愛を犯してやりたかった。そしてこの作品を機に小森愛は一旦はAV業界を引退してしまう。

さて小森愛であるが、現在40歳を過ぎてまたAV業界に復帰して数々の作品を出している。歳を重ねても相変わらずの美貌のようである。懐かしくて見た人も多いんじゃないでしょうか。見る人はきっと40歳以上…。若い人たちから見れば、ただのおばさんに過ぎないしね。現在量産中の小森愛のアダルトビデオ。俺がお薦めするのはただ一本コレだ!


夫の瞳に映るのは犯されてる私

(DMM動画配信)

●女優名:小森愛
●身長:152cm B82 W57 H82
●メーカー:アリスJAPAN
●収録時間:118分

たくさんある小森愛の作品の中で、なぜコレがお薦めかと言うと、これ、あの当時の続きになってしまうのよ。今語った話の続きになるのよ。当時、俺自身も小森愛も10代の青春学生。片思いのクラスの女の子でした。今ではすでにお互い結婚し、家庭を持つ40代。それが仕事関係とかで20年ぶりに偶然にも顔を合わせた。しかも、こっちが立場が強い、相手の弱みを握っている。となれば、展開はわかりますよね…。

この作品には、小森愛にイラマチオをさせるシーンが何度もあります。彼女を自分に従わせて、何度も犯し尽くす。そんな気持ちにさせられます。学生時代、片思いだったクラスのあの子と再開して、弱みを握ってソイツとやる。当時の思いを今ここで!


青春時代の片思いのアイドル小森愛をひざまづかせている図。

青春時代のクラスの同級生にひざまずかせ、服従させてイラマチオさせている。20年前の思いをすべて注ぎ込め!

憧れの小森愛を俺が完全征服した瞬間。清楚な小森愛を俺が白く汚す。

まるで交尾のようなバック突き、俺と小森愛が完全に一体となる。

あの青春の小森愛を、俺がめちゃくちゃに犯す!
あの小森愛が 「しゃぶらせて下さい…」 と ひざまずく!
白い液をぶちまけて下さい!そいつの口の中に!

 

 

カテゴリー
タグ