制服少女ほしのみゆ
誘われるままにホテルの一室へやってきた女子校生ほしのみゆ。正統派の王道セーラー服が似合いすぎる。時代の寵児として名を馳せたAV女優の一人。制服ギャル・援助とくれば必ず彼女の名が挙がる存在だろう。

彼女の魅力は可愛い美少女というだけでなく、その愛嬌ある顔立ちだろう。

まずはこの制服のままフェラ抜き。



終わって一旦シャワーへ。正統派のセーラー服でもミニスカです。


再び制服を着直して、ハメどりへの流れ。

白いブラウスのセーラー服は現在では見かけなくなりましたね。


イメージシーンの制服姿こそソソられるが、肝心のハメどりではカメラアングルが悪く見せ場が少ない。近すぎる。


制服は着衣のまま。スカートをまくってバックからブチ込むシーンは興奮します。

ハメどりは一回のみで終了。制服が似合う最強のAV女優ほしのみゆでした。

 


ウリをはじめた制服少女34 上野初ウリ少女

(DMM動画配信)

●女優名:ほしのみゆ
●身長:155cm B84 W57 H84
●出身地:青森県

評価・レビュー

 
時代を代表する大AV女優として名を馳せた「ほしのみゆ」だが、そもそもの始まりは、このプレステージやグレイスでの援助系の作品だったと思う。2007年頃はその手の作品が各メーカーよりこぞって発売されたが、中でも群を抜いて人気を得ていたのが、ほしのみゆだ。まさに援助系な女子校生としての理想像である。

中年おやじが好む援助系としては、美人・可愛いだけでは足りない。もう一つ重要な要素は「愛嬌」なのだ、親しみやすさだ。それがあればこその「大人とのお付き合い」なのだ。ほしのみゆこそが最強の援助系女子校生のAV女優だと思う。この愛らしいルックスは反則も同然だろう。
自分が彼女を知ったのが本作品だった。プレステージのウリをはじめた制服シリーズの一覧を見て、ひと際目立って気を引いたのが彼女だった。もしAV女優のことを全然知らないオジサンに写真を見せて、この中から選べというなら、このほしのみゆを選ぶ人はかなり多いと思う。まさに理想すぎる存在だ。

さて本作、ベタ褒めしてきたが作品の内容としてはやはりイマイチ。素材や制服姿にソソられはするものの、肝心のハメどりシーンはカメラ撮影のアングルが悪い。ハンドカメラゆえに近すぎる。落ち着いて「抜ける見せ場」というものが無い。まあこの時代の作品はそんなものだ。抜くなら自らの妄想を掻き立てる必要があるだろう。

 

 

カテゴリー
タグ