河純ひなみの絶対領域ニーソックス
女子校生の河純ひなみ、彼女はデビューした頃より、歳を重ねた後の作品の方がより美人になっている。本作はその中間点辺りの作品で表情もだいぶ色っぽい女性になってきている。そして可愛らしい喘ぎ声が魅力です。

本作はミニスカ・ニーソックス絶対領域を楽しむものだ。女子校生の魅力はやはりパンチラです。

しかし前半のこの制服は色合いが重すぎますね。

展開の流れでは足コキだから、ここは素股コキかと思ったが、これハメてるよね?

白いパンツはそのままで、ニーソにぶっかけられた姿が卑猥です。

シーン2、制服を変えてオナニー。


シーン3、脚コキ責め、背景のカーテンと女優のブラウスが同色、男優のパンツと女優のニーソが同色、バランス悪すぎです。さらに臨場感にも欠ける。


シーン4、前半と打って変って素晴らしい映像。照明の色合いが女優の色気を引き立てている。

深緑のミニスカ、パンツの色すべてが最高。河純ひなみの色気が充実する。

メインへの繋ぎのようなバイブ責めシーンだが、本作最大の見どころだろう。


シーン5、明るい制服でのハメどりシーン。


ブラウスを明るい色にしたことで黒のニーソとの色合いが向上した。

こっちのハメどりの方が秀逸、河純ひなみの喘ぎ声は可愛いよ。

 


JK-SWEET ~美脚女子校生 2~

(DMM動画配信)

●女優名:河純ひなみ
●身長:158cm B83 W58 H85
●メーカー:メディアステーション
●収録時間:110分

評価・レビュー

 
ジャケット写真と映像の印象は違うが出演は河純ひなみ、俺にとって気になる女子校生の一人。彼女の最初に知ったのはロータスの企画作品でのJK制服姿。このブログでもすでに紹介済みだが、ママも応援してるからねアイドル猥褻オーディションという作品で3番目に登場するのが彼女だ。落ち着いた大人っぽい表情がソソられる髪の長い美少女。まさに激カワな女子校生といえよう。あまりメジャーじゃない女優さんだが、ゾッコン命(いのちと書いてラブと読むby シブガキ隊)な俺はwikiを頼りに、彼女の作品を探しまくってみた。そしていくつかの作品を見たが、そこで見た河純ひなみは全然可愛くない。
これってどうゆうことよ??写真映りとか、お化粧とか様々な要素が考えられるが、とにかく田舎っぽい女子校生に過ぎない。どうも納得がいかなくてさらに調べまくった。答えはやっと分かった。

それは彼女はデビューした当初はあまり可愛くなかったのだ。歳を重ねるにつれて顔立ちも大人っぽく変わっていき、自分が知った上記のロータス作品の頃が、彼女が最も美しい時期だったわけだ。河純ひなみを見るなら後期の作品の方が良さそうだね。ちなみに本作はその中間地点頃の作品に当たる。すべての作品を見比べていくと彼女が美人に変わっていくのが分かるだろう。うむ、河純ひなみはイイ!そしてルックス以上に喘ぎ声が可愛らしい。

さて本作だ、ルックスの点ではまだ完成されていないが、女子校生しかもニーソックスを題材にした作品だ。前半はブレザー制服着衣でのハメどりとなるが、この場面は不出来だね。紺色のブレザー上着に黒のニーソ(パンスト?)では全体に重くなりすぎるのは当然だ。中間のニーソで脚コキシーンも似たように制服とニーソのバランスが悪い。後半のハメどりは上着に明るい色合いを持ってきたのでよく撮れているとは思う。しかし本作の見どころはそこではない。

何とバイブ責めシーンなのだ! えっ…と思われるだろう、普通ならバイブ責めってメインのハメどりへの時間稼ぎの繋ぎのようなものって考えられがちだが、本作は何故かそのシーンが妙に色っぽく美しく撮れている。照明の光加減、ミニスカ・ニーソ、上着の色のバランスが良く史上かつてないほどに最高の絶対領域の色気を醸し出している。秀逸すぎる出来栄えだ。あまりの色気のパンチラにここで抜きたいと思った。しかしハメどり作品でバイブ責めシーンで抜くやつっていないだろうね。

 

 

カテゴリー
タグ