長谷川ゆい画像
制服が似合う女の子として絶大な人気を誇った長谷川ゆい。ルックスが地味だがその分だけ親近感がある女子校生。AKBアイドルの初期っぽい印象すら見受けられる。


最初は走行中の車内でのフェラ。狭い車内での撮影のためカメラアングルはよくない。

妄想の世界で、暴漢の男に襲われるシーン。すごいミニスカ制服だ。

この妄想はお触り程度の途中まで。

学校が終わって帰宅する女子校生。

お風呂場でオナニーしながら再び妄想の世界へ。

自らパンツを脱ぐ長谷川ゆいが色っぽい。


制服は着衣のままミニスカまくり上げ立ちバックで突きこむ。

最後は胸射でぶっかけた。


長谷川ゆいといえば、やはり萌えメイドコス!

彼女を服従させてフェラというのはお決まりだ。

口内射させるに決まっています。

よく見たら制服メイドだった。純白のパンチラが光り輝く。

 

長谷川ゆい 完全制服。

●女優名:長谷川ゆい
●身長:168cm B88 W63 H93
●メーカー:笠倉出版社
収録時間:90分
 

作品情報・レビュー

 
俺にとって長谷川ゆいの印象で色濃く残っているのはメイドコスでのフェラシーンだ。しかも服従させられて、頭を押さえつけられ四つん這いになったりしてのフェラや玉舐めだろう。本作品でも当然のように収録してある。
デビュー当初は正統派の美少女路線だった彼女。確かにそれも良いのだが、それ以上にオタク系を歓喜させるメイドコスプレが似合うように感じる。ちょっぴり特殊な事情が良く似合う。
それはたぶん彼女のルックスにあるのだろう。ルックスは特に美人というわけでもないと思うが、つーか、何故に人気だったのかは俺には分からないのだが、このルックスは屈辱系なM女作品によく合うと思うのだ。彼女にフェラをさせ命令口調で従わせる。そして最後は口元から白い液を滴らせる。
そんなシーンがよく似合うのがこの長谷川ゆいだろう。本作でもそんなメイドコス、そしてミニスカ制服着衣でのハメどりシーンもあり、おいしい部分満載な企画となっている。長谷川ゆいに女子校生としての初々しい笑顔はいらない。男たちの欲望のまま凌辱されるヤラれ役こそが良く似合う。
 

 

タグ