青春スクールメモリーズ8
教室で談笑する女子校生たちの風景、仲良し女生徒が6名いる。制服の質は高く清楚感が漂うが女優の全体のルックスはもう一つ。

1人目の女子校生・白咲碧、このブログにもレビューを書いたことがある女の子だ。


2人目の女子校生・桜井心菜、全然知らん!wiki調べにて。

同シリーズでは珍しく制服じゃない衣装でハメどり。

バック突きの角度が良くかなりエッチに感じる良いシーンだ。

3人目の女子校生は高槻ルナ。

誰もいない図書館でスカートをまくり立ちバックで突き込む。


4人目の女子校生・千星はるか


教室で体操服にお着替えの風景。女の匂いが充満していそうですね。

5人目の女子校生は左が竹内真琴、6人目の右が‘ほのかまゆ’。


このほのかまゆちゃんが小っちゃくて華奢で可愛らしい。

一通り全員が登場した後、もう一度ずつ各自が登場する2回目だ。


最後は教室に全員揃って乱交。パンチラフラッシュで女子校生の匂いが立ち込める。

 


青春スクールメモリーズ 第8期

(DMM動画配信)

●女優名:白咲碧、桜井心菜、高槻ルナ、千星はるか、ほのかまゆ、竹内真琴
●メーカー: プレステージ
●収録時間:243分

評価・レビュー

 
プレステージの青春スクールメモリーは単体女優で登場する場合と、6人セットのパターンがある。単体の場合は収録時間が2時間、6人の場合は4時間となっている。単体で出演するときはトップクラスの人気女優が起用されている。これはなかなかバランスの良い設計だと思う。人気女優にはそれを追うファン向け。複数セットは純粋に制服ファン向けと言えよう。

俺の場合は複数派のほうが好みだ。たくさんの制服女子校生が楽しめるし、またリスクの回避にも繋がるだろう。大切なのは女子校生と制服というアイテムであり、そこに「匂い立つ何か…」が見れればいい。あとは男たちの妄想が勝手に大きく育ていく。だから女優は無名でも構わないのだ。

でもこれは総集編やオムニバス作品とは違って全体で一つを構成しているから、物語としてイメージシーンが膨らませやすい。教室で楽しくお話ししている女の子たち。右から3番目のあの子が可愛いな、俺の好みだな。というような光景は日常生活でもよくあることだ。そしてその子とエッチ行為をする。それが本作の楽しみ方だろう。俺だったら、ほのかまゆちゃんだな。そんな感じに楽しみたい。

さて評価の方は星3としたい。シリーズで比べても女優のルックスが今一つ揃っていない。無論これは個人の好みによるものが大きいが、本作では小柄な少女っぽい女の子は少なく少しお姉さん系の女優さんが多く揃っているようだ。3年生のお姉さんという感じだろう。この手のシリーズは実際に見てみるまでは分からない、当たり外れというものが絶対ありうるのは仕方ない。

 

 

タグ